違国日記(いこくにっき)を1巻から最新刊・最終回まであらすじをまとめました。

違国日記(いこくにっき)を1巻から最新刊・最終回までまとめました。

  • あらすじは?
  • ネタバレありの感想が読みたい
  • 発達障害がテーマってホント?

と、気になる方のためにまるっとまとめて紹介します。

まりまり

長くなってしまったので、目次からどうぞ♪

※ネタバレあり

「違国日記」は発達障害がテーマのマンガです。詳しく書いてある記事も併せてお楽しみくださいね。
「違国日記」は発達障害がテーマのマンガってほんと?作品あらすじ紹介!

\12万冊読み放題で980円!30日無料あり!/

「違国日記」(いこくにっき)作品紹介

まりまり

画像クリックでアマゾンkindleで見れるよ!

違国日記について簡単に説明します。

  • タイトル:違国日記
  • 著者:ヤマシタトモコ
  • 出版社 : 祥伝社
  • 連載:フィールヤング
  • 既刊:7巻
    あらすじ

    中学3年生の冬に両親を亡くした朝は、母親の妹の槙生に引き取られることになった。槙生は、少女小説家で朝の知る”大人”とは違っている大人だと感じる。亡き朝の母であり、槙生の姉の実里の死から、本当の彼女を見つけることができるのか?不器用ながらも一生懸命に生きる二人のストーリー。

    まりまり

    槙生は姉が高圧的な態度の記憶が強い。嫌悪しているように見える。結末までに姉へのわだかまりが解消されたらいいなー

    各賞についてはこちらです。

    • 2019年、2020年とマンガ大賞の候補作品にノミネート
    • 第7回ブクログ大賞マンガ部門受賞
    • 「このマンガすごい!2019」のオンナ編第4位
    • 「このマンガすごい!2020」のオンナ編第10位

    たくさんの人から注目されているマンガです。

    違国日記の登場人物は?

    違国日記の登場人物の一覧です。

    • 高代 槙生(こうだい まきお):35才、人見知りの少女小説家
    • 田汲 朝(たくみ あさ):15才、素直な少女
    • 楢 えみり(なら えみり):朝の友人
    • 笠町 信吾(かさまち しんご):槙生の友人・元彼
    • 醍醐 奈々(だいご なな):槙生の友人
    • 塔野 和成(とうの かずなり):朝の後見人・槙生を監視する弁護士
    • 実里(みのり):亡くなった朝の母、槙生の姉

    「違国日記」1巻あらすじネタバレ感想

    まりまり

    画像クリックでアマゾンkindleで読めるよ!

    「違国日記」1話あらすじネタバレ感想

    あらすじ

    高校3年生の春、田汲 朝は小説家の高代 槙生と暮らしている。
    穏やかな二人だけの生活。朝は、槙生が仕事をしているときは”ちがう国”の女王だと感じていた。

    高校から帰ってきた朝のシーンから始まる。
    仕事中の槙生の後ろ姿を見る朝。
    朝が手慣れたかんじで歌いながら料理をして、槙生は仕事をしながら朝に話しかける。
    なんか二人の会話から仲の良さがわかる。
    漫画なのにすごい自然な感じで流れているから、映画のワンシーンを見ているみたい。
    スウェットにぼさぼさの髪なのに、槙生ちゃんかっこいい(・∀・)

    朝は槙生をよく見ていて、仕事中の姿・そうでないとき・たまに見せる表情で槙生が”ちがう国”に行っていると表現している。
    朝が夜眠るときに、仕事をしている槙生の音が聞こえるんだけど、好きな夜だという。

    朝が、槙生ちゃんのことを大好きで信頼しているんだなって感じた。
    なんかいいね。二人の関係性が。

    アマゾンで読む→違国日記(1) (FEEL COMICS swing)

    「違国日記」2話あらすじネタバレ感想

    あらすじ

    朝が中学3年生の冬、両親が亡くなり、槙生との生活をすることになる。

    寒い日に、槙生は亡くなった姉を思い出している。
    思い出の中の姉とは仲良さそうじゃない。
    朝の両親の事故のことがニュースになっている。

    朝と槙生が再会したのは「なくそう、暴力団」って看板があるから警察なのかな?
    槙生がその場所に到着した時に、朝は、祖母といっしょにいた。
    祖母は手続きがあるからと、槙生に朝を任せてその場を離れる。
    なんか気まずい雰囲気。

    朝のお腹の虫はなる。事故とかでご飯をたべてなかったのかも。
    涙も流してない朝の姿がなんかリアルだね。
    まだ現実味がないっていうか…。

    ファーストフード店で、槙生が朝に話すことがすごく優しく感じる。
    ムリして優しくするとか、ムリして涙を見せるとか、そういうのではなく淡々としていて、それが余計にいい。
    ただ、槙生が姉に対してわだかまりがあることもわかって、なんだかそれが悲しい。

    槙生は押し付けがかしいことはいわないけど、ひとつだけ提案する。
    日記をつけるのがいいかもって。

    そのあち、朝の両親の葬式で親戚たちは言いたい放題。
    現実でもむりもないことかもしれない。
    子どもを育てるというのは、責任もお金もかかることだし。
    せめて、子どものいないところで言ってくれないもんかね?

    聞かないフリをする朝だけど、槙生に声をかけられて涙があふれてくる。
    そんな朝を見過ごすことなく、槙生は朝を連れて帰る。
    槙生が朝に、いろんな話をするけど、その中で印象的なのが「愛せるかどうかわからないけど、踏みにじらない」というセリフ。
    槙生ちゃんの人柄がわかるし、寄り添いが上手いと思った。
    それに、心無いこという親戚たちに怒る槙生ちゃんが素敵すぎた。
    朝が、まだ状況がふわふわしてる状態だと思うんだけど、槙生ちゃんのような身内がいてよかったよね。
    安心感がはんぱない。

    アマゾンで読む→違国日記(1) (FEEL COMICS swing)

    「違国日記」3話あらすじネタバレ感想

    あらすじ

    朝と槙生の生活がスタートする。なかなか距離感がつかめず、ギクシャクする二人だが、槙生は朝を優しく見守っている。

    朝の両親の葬式だった次の日。
    朝は、槙生の自宅で目を覚まして、よく寝たことを実感する。
    それだけ気も張っていたし、安心できる場所に来たということだわね。

    2人が距離感をさぐりながら、ぎくしゃくするところがちょっと微笑ましい。
    「人見知りか」と朝に聞かれた槙生ちゃんの反応が初いかんじで可愛い…
    朝が、母親をなぜ嫌いかと聞いたら、槙生ちゃんの表情がまた変わった。
    子どもっぽかったり、大人の顔になったり…私から見たら槙生ちゃんがほんとスキ!
    でも、朝は槙生ちゃんのことを「へんな大人」って思ってる。
    朝の母親のイメージは、しっかりした大人って感じがするから、対照的すぎて不思議なのかもしれない。

    まだ朝は、両親が亡くなったという実感がわかないのか、感情がついてきていない。
    それをソッと見守る槙生ちゃん。
    朝が困ったかな?ってときには、すすすっと現れて助言するのがすごく自然でいい。
    多くは語らないけど、言葉のチョイスが素敵で「さすが小説家!」って思わせてくれるのがにくいね。
    槙生ちゃんが、たまに主語がないセリフを朝に言う。
    それで、朝が一瞬「?」ってなるんだけど、一概には言えないけど、そこも槙生ちゃんが発達障害ってことを現わしているのかなってかんじた。

    アマゾンで読む→違国日記(1) (FEEL COMICS swing)

    「違国日記」4話あらすじネタバレ感想

    あらすじ

    朝は、同級生から「最近どう?」というラインがきた。返事に困った朝は、槙生に相談するが…槙生の友達が遊びにきた。

    朝が同級生からの返事に困って槙生ちゃんに相談する姿が可愛い!
    なんだかころころしていてわんこみたいだと思ってしまう。
    返事に困る槙生ちゃんも面白いw

    さらっと槙生の食事メニューが書かれているけど、決まったメニューが続いていく。

    ある日、槙生の友人の奈々が遊びにやって来た。
    朝は奈々と槙生のやりとりが大人ぽくないと思う。
    どうも、朝は「大人」ぽさにこだわりあり?

    奈々と槙生が、大笑いしたりふざけあったりするのが珍しいみたい。
    朝は、槙生と「友達」ではないということを考えてモヤッとする。
    これって、やきもちかな?
    それに、朝が”大人がご飯を作って当たり前ではない”っていたことに気がついた。
    槙生ちゃんは朝のために頑張って二人分の料理を作っていたんだよね。

    槙生は、朝に頼ってはいけないと思っていたところも、奈々との会話で分かった。
    奈々はよく見てるし、槙生ちゃんを大事に思っているところが好感が持てる!

    そこで、三人で餃子を作ることになった。イベントぽくて楽しそうではあるw
    奈々は、これからの槙生の生活でお金のことや他にも変わっていくところも分かっていて、別れ際にいうセリフもオシャレに応援してるってことだよね!
    あぁ、どんなに素敵かってことを伝えたいのにうまく伝えられない(´;ω;`)ウッ…こういうときに語彙力がほしいって思う。

    朝も槙生に自分の気持ちを伝えるのが上手になった。
    2人の距離がググッ近づいたかと思ったんだけど、最後に朝が言った母親の口癖が槙生の表情を曇らせた。
    朝は気が付いてないみたいだけど、槙生と姉にいったいなにがあったのか気になる。

    アマゾンで読む→違国日記(1) (FEEL COMICS swing)

    「違国日記」5話あらすじネタバレ感想

    あらすじ

    めずらしく槙生が外出する。よそいきの服を着て、どこへ向かうのか…

    槙生がよそいきの服を着て出かけるのを、朝が「きれいだ」という。
    ほんと朝って可愛いわ。

    槙生は笠町と会うために外出した。
    笠町は元カレなんだよね。なかなかのイケおじ!
    2人の会話が、奈々とはまたちがって良きかな。

    笠町が槙生ちゃんに未練あるのを隠さないところも、なんかいい。
    なんだかんだいっても槙生ちゃんが好きだし、サポートをしてくれる笠町イイ男なんだよね。

    槙生ちゃんも人間関係とか料理とか苦手で、人のお世話を焼けるほどの許容範囲が少ないはずなのに、朝のことを一生懸命に考えている。
    朝の見えないところで、槙生ちゃんが影ながらのサポートをする。
    責任感が強いのもあるし、できないところは人に頼っているのがうまいこと描かれていると思う。
    大人だからってなんでもすいすいできるわけないわ。
    ちょっと無神経なところがある朝だけど、それは仕方ないとして。
    いよいよ、次回は朝の遺品整理へ。

    アマゾンで読む→違国日記(1) (FEEL COMICS swing)

    「違国日記」2巻あらすじネタバレ感想

    まりまり

    画像クリックでアマゾンkindleで読めるよ!

    「違国日記」6話あらすじネタバレ感想

    あらすじ

    朝と槙生が遺品整理をすることにした。

    遺品整理にきた二人。
    思い出の品がたくさん出てくる。
    朝の母が昔きていた学生時代の制服も。
    槙生が思うこととは…複雑だろうね。
    昔のことを思い出すけど、あまり楽しそうじゃないもの。
    それでも、ある日突然身内が亡くなるというのは、辛いと思う。

    朝の気持ちを汲んでいく槙生の言葉の一つ一つが胸に刺さる。
    槙生ちゃんみたいに話す人は、私は見たことない。
    もし、身近にいたら素敵だろうとは思う。
    朝には、まだわからないだろうなー。

    槙生ちゃんは朝の気持ちも考えるけど、自分の気持ちとも向き合っている。
    整理していらないものを捨てるときに「さよなら」と思い、悲しくない自分のことも考えている。
    遺品整理に疲れて、自分の部屋で眠る朝。
    それを見守る槙生ちゃんの表情で泣いたわ。
    さて、朝の卒業式が明日だったと大慌ての2人で、次回までに間に合うのか?w

    アマゾンで読む→違国日記(2)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS swing)

    「違国日記」7話あらすじネタバレ感想

    あらすじ

    朝が中学校の卒業式に向かう。機嫌はまぁまぁだったけど、学校でえみりから聞いたことで朝の気持ちが爆発してしまう。

    えみりが朝に泣きながら駆け寄ったとき、朝の両親が亡くなったからだと思ったのに違った。
    自分の親がしたことで、学年中が朝の両親が亡くなったことを知ってしまったことに責任を感じている。

    朝は、担任に「ふつうで卒業式にでたかった」と泣いて怒る。
    えみりにも怒る。
    担任や絵美里の母親からしたら、”当たり前”のことをしている感覚で、朝の気持ちはわからないと思う。
    だって、私も朝がなぜ泣いて怒ったのかわからなかったから。

    卒業式を飛び出して、両親と暮らしていた家にもどるあたり、朝が取り乱しているのがよくわかる。
    えみりからの連絡にも応えず、ようやっと槙生の家に戻るけど、そこでもきつい返事をしてしまう。

    槙生は朝になんていうのかな?

    アマゾンで読む→違国日記(2)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS swing)

    「違国日記」8話あらすじネタバレ感想

    あらすじ

    朝は、泣いて怒って感情むき出しに槙生にあったことを伝える。そんな朝に、槙生は自分の学生時代のことも織り交ぜながら話をするのだが…

    友達について考えさせられた。
    朝にしたら、すごく腹も立っただろうし、今までいい子だった分感情が溢れ出てきたのもあったのかもしれない。

    やつあたりっぽい話し方が、やっぱりまだ子どもなんだなーって思わせてくれる。

    一方、槙生ちゃんは朝からの話に一つ一つ丁寧に答えていくんだけど、その中で槙生ちゃんと奈々とのエピソードも出てくる。
    やっぱり朝は、自分と槙生、奈々と槙生の付き合い方が全然違うのを思い出してもやるところが、可愛らしく感じる。
    なんか仲間外れ的な感覚かな?

    奈々との関係で「生きていていいんだ」って思ったというのが印象的で、過去の槙生ちゃんも奈々も”生きづらさ”を感じていたことが分かる。
    朝は、その話からえみりとの会話を思い出して、和解することにした。

    自分を理解してくれる人がいるって、本当に大切だ。
    それにしても、えみりと母親に会う羽目になった槙生ちゃんは大丈夫なのか?ドキドキです。

    アマゾンで読む→違国日記(2)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS swing)

    「違国日記」9話あらすじネタバレ感想

    あらすじ

    槙生と朝のところに、笠町がやってきた。二人の関係がどうなのかワクワクの朝…

    笠町くん登場!
    朝のワクワクの顔初めて見たwww
    キラキラして可愛いw
    どんな関係か気になるよねぇw

    槙生ちゃんが笠町に「なんできたの?」って言うのに、笠町と朝が「!?」なのが笑えた。

    槙生が買い物に行った後に、朝と笠町の会話が笑える。
    朝がぐいぐい来るのは、若さ故かw

    笠町の学生時代にあった親との関りや槙生との関係が回想シーンのように描かれている。
    いろいろ辛かったところがあったんだね。
    「子どもを育てる=愛情ではなく、ちがうところにある」っていうのは、はっと気がつかされた。
    そういう考えもあるんだと。

    笠町にも槙生にも、朝は無神経に「どうして?なぜ?」と聞くのが、興味本位ではなくもう一歩踏み込んだ仲になりたいという気持ちの現れだった。
    槙生には伝わってなくて、すごく残念。
    朝も、言葉足らずだし伝え方がわからないっていうのもある。
    コミュニケーションってほんと難しい。
    これがすれ違いってものか。

    アマゾンで読む→違国日記(2)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS swing)

    「違国日記」10話あらすじネタバレ感想

    あらすじ

    朝のための弁当箱が届いた。槙生と近づきたい朝だったが、槙生の方は…

    9話で最後に見せた槙生の表情を思い出す朝。
    もっと距離を近づきたいんだよねぇ?

    槙生は友人たちとの集まりに出かける。
    ここで、槙生の本音がわかる。
    やっぱり姉の子どもということは変わらないし、可愛いと思っても、そこが引っかかっている様子。
    愛せないんだ。

    学生時代からの友人との集まりいいなぁ、女子会w
    「大人になれただけで満点」っていうのがすごくいい!
    ほんと「違国日記」って大人に優しい言葉がよく出てくる気がする。
    その友達との会話の中からも、槙生ちゃんのことが大好きなんだってことがわかる。
    よく見てるし、強要もしない。
    受け入れている感じ?
    それが自然で心地よいから、付き合いも続いていくってもんだね。

    友達からのセリフで、槙生も朝のことを気楽に向き合えるようになっていく気がする。
    愛せないことを「酷いね」って言わない友達っていいな。
    変な偽善ぶったひとだと、槙生を責めたりしそうだけど、そんな人一人も登場しない。

    槙生ちゃんは、二日酔いがきつそうで笑ったw記憶ないとかw
    可愛い子犬のような朝との生活は続いていく。

    アマゾンで読む→違国日記(2)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS swing)

    「違国日記」3巻あらすじネタバレ感想

    まりまり

    画像クリックでアマゾンkindleで読めるよ!

    「違国日記」11話あらすじネタバレ感想

    あらすじ

    朝は高校入学式。えみりといっしょに入学する学校に向かうのだが…

    入学式には親と来るのが当たり前っていう感覚で、保護者が来ないって言うのはかわいそうだと思われるのか。
    っていうのがこの11話の感想かな。

    入学式にひとりで向かう朝に、えみりの母親が「言いにくかったら叔母さんに連絡してあげる」っていう余計な言葉がぐさっときた。

    朝の表情や行動で、当たり前じゃなかったことに気がつかされた。
    私も常識にとらわれてるなーって。
    入学式での生徒たちのやり取りが懐かしい。

    目立ちたかった朝は失敗し、ぽつん。
    つらー。槙生はなんていうのか想像する朝の選択肢は3つ。
    恥ずかしい
    仕方ない
    気をつけろ
    の、どれになるのかと予想していたら、朝の予想外の返事が返ってきて驚く。
    それと共に、もう母親はいないんだということを感じる朝。
    「ぽつーん」
    ただそれだけの文字なのに、いろんな感情が詰まっているような気がして、深いわ。誰かが悪いっていいたくなるときもあるものね。
    なんだか、やり切れない思いだなぁ。

    アマゾンで読む→違国日記(3)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS swing)

    「違国日記」12話あらすじネタバレ感想

    あらすじ

    えみりが遊びに来た。えみりは自分の母親とは違う対応の槙生に驚く。
    槙生はひとりになりたいと思い…

    学生ってけっこうぐいぐいくるよね。
    えみりもそんなかんじ。
    ひとりになりたい衝動に駆られるのも分かる気がする。
    突然、よく知らない子どもの面倒をみることになったんだし、時間の流れも変わるし部屋の雰囲気も全部変わっちゃうんだもんね。

     

    えみりは「母親が手土産の偵察してこい」っていうのを、そのまま槙生に伝える。それに対して、槙生の返事に共感する。
    めんどくさいからほんといらんし。
    またえみりもびっくりしてる。

    仕事に時間に追われる槙生と朝たちのような学生との流れが違うんだよね。
    だから、朝も自分の母親と同じことを無意識に求めてしまうんだろうけど、槙生ちゃんにはできないんだよ。
    朝の母親だったら、えみりが帰る時に見送ってもらえたんだろうけど、槙生ちゃんにそれを求めたらあかんて。

    朝から見たら怒っているようにしか見えない槙生の態度。
    槙生からしたら必死。
    あぁ、このすれ違いがきつい。
    最後の朝のすごい泣き顔が可愛くてわらってしまったw
    ほんと子犬みたいにコロコロ表情がかわって可愛いし分かりやすいわね。

    アマゾンで読む→違国日記(3)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS swing)

    「違国日記」13話あらすじネタバレ感想

    あらすじ

    泣いて怒りを表現する朝に戸惑う槙生。違う感性を持つ二人は歩み寄れるのだろうか?

    朝が泣いたり、きょとんとしたりコロコロと表情が変わって可愛い。
    槙生ちゃんが放っておけないのも分かるな。

    槙生の学生時代に感じていた生きにくさが、まさに「ぽつーん」って意味かも。
    無理やり朝を抱きしめる槙生、頑張ってると思う。

    さびしい、愛されたい朝。
    ひとりでいたい槙生。

    二人の思いはなかなか埋まらないもので、朝の涙はとまらない。
    朝は、両親が喧嘩をしているのを思い出し、より一層愛情に植えているように見える。
    槙生ちゃんは、槙生ちゃんなりに朝のことを理解しようと笠町に相談する。
    さびしいって?
    槙生ちゃんにはわからないんだね(´;ω;`)ウッ…
    でも、理解しようと一生懸命なことがいつか伝わればいいなぁって思う。

    アマゾンで読む→違国日記(3)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS swing)

    「違国日記」14話あらすじネタバレ感想

    あらすじ

    朝は母親との会話を思い出す。大人のムジュン。両親への怒りがどんどん朝の中に広がっていく。

    朝が母親を思い出している。
    「自分で決めれるようにならないと」
    「好きなことをやりなさい」
    そういう割に、好きなことをやろうとすると否定する母親。
    父親はというと、無関心?

    槙生は尊重してくれている。

    朝は本当に寂しくてしょうがないって感じ。
    寂しさ→怒り?

    勝手に死んで…
    なんにだってなれる…
    ざまあみろ

    ここに全部朝の気持ちが含まれている。
    すごい感情移入して泣いてしまう、朝の悲しみが詰まっている話だった。
    もがいてもがいて、悲しみから脱出したいね。

    アマゾンで読む→違国日記(3)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS swing)

    「違国日記」15話あらすじネタバレ感想

    あらすじ

    槙生に不在着信があった。槙生は電話が苦手だからとらなかったのだが、実は弁護士の塔野からだった…

    弁護士の塔野は、槙生が電話にでないからとんでもない人に当たったのかと思う。
    突然、槙生の家に来て、まくしたてるように要件を話す。
    うむ、弁護士ってこんなかんじだわね。

    塔野の素養とは違った反応をする槙生。
    慌てる塔野が笑えるw
    でも、槙生ちゃんも怖かっただろうなー。

    急に口座から引かれた30万円はどうしたなんて聞かれたら、引くわ。
    またそれも朝もびっくりしただろうし。
    大人だから軽音を反対されれるかと思って、パソコンを勝手に買ったと泣く朝。
    槙生は反対してないのに。
    どうしても大人=母親のイメージなんだろうね。

    塔野も、槙生が悪い人ではないと誤解も解けたし、良かった。
    これから力になってくれることを期待したい。
    それにしても、槙生ちゃんは朝におりた生命保険金を私的に流用しないところも真面目ですごい良い人だわ。
    朝の生活費は、槙生ちゃんが支払ってくれているんだね。

    そこへ笠町がやってきて…。
    笠町と槙生の中もいいかんじ。
    13話で槙生が朝を抱いたのも笠町との習慣だったんだね。
    最後に、朝は槙生と笠町と両親を亡くしてから初めてのおだやかな幸せな夜だった。
    そうか、ここにきてわかったけど「ちがう国」に感じていたのは、寂しかったってことなのかなって。今ごろ思った。

    アマゾンで読む→違国日記(3)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS swing)

    「違国日記」4巻あらすじネタバレ感想

    まりまり

    画像クリックでアマゾンkindleで読めるよ!

    「違国日記」16話あらすじネタバレ感想

    あらすじ

    朝は学校での生活、槙生は打ち合わせや友達と会ったり自分のための時間を使う。
    朝と槙生の2人ではたわいもない話で笑えるようになってきた。だが、槙生は姉の日記をちゃんと読めずにいた…

    朝と槙生のそれぞれの生活が描かれている。
    たまに交わる二人の時間は、クスッと笑えて、最初のころよりかは距離が近づいた感じかな。
    冗談が言える仲っていいね。

    それでも、槙生は朝への接し方を考える時もある。
    朝の”さびしさ”をどうするか?
    それと、姉の日記。
    朝がいない時に取り出して、読み始めるもののすぐに閉じてしまう。
    このわだかまりもいつか解けたらいいけど。
    本当の姉の姿ってどういうものなのか気になる。

    アマゾンで読む→違国日記(4)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS swing)

    「違国日記」17話あらすじネタバレ感想

    あらすじ

    朝が祖母に会いたいというので、槙生もいっしょに実家に帰ることにした。
    母と子の関係とは…

    槙生の実家に朝と槙生が行って何を話して感じるかということが描かれている。
    朝は祖母との話の中から亡き母を思い出し、槙生は亡き姉との思い出の部屋で…。

    17話は凄く深いと思った。でも、スキです。
    母から見た娘。娘から見た母。妹から見た姉。
    なんかいろんな思いがぎゅーっと詰まってて、深いよ。

    槙生が感じていた母も、歩み寄ればちょっと違った一面が見えたり。
    自分が感じていたことを相手も同じことは感じていない。
    そして、悪い方へとらえがちだけど、ちゃんと話してみると案外そうでもないんじゃないかって思えた。
    槙生ちゃんとお母さんの会話も良かった。
    言葉では言い表せない…語彙力ほしいー!

    アマゾンで読む→違国日記(4)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS swing)

    「違国日記」18話あらすじネタバレ感想

    あらすじ

    えみりが朝に会いに来た。槙生はえみりとの約束をすっかり忘れていて、朝が帰ってくるまでえみりと話すことになったのだが…えみりが抱えている思いとは?

    えみりが「普通」にこだわっているように思う。
    槙生に紅茶を自分に選ぶように言われて戸惑っているえみりがなんか新鮮。
    自分で選ぶことが無かったのか?
    そういう意味では、自分で決めた紅茶は美味しかっただろうなー。
    槙生ちゃんには、えみりも話やすいようで「結婚しない選択」について聞くんだけど、槙生ちゃんとのやりとりで自然体でいいんだって思わせてくれるよね。

    あの口下手の弁護士・塔野からの電話でも、塔野のまた違った一面が見えて面白い。
    その会話の中で、「かくまってくれる友人」というセリフが出てくる。
    それがすごい分かり身すぎた。ちがう国に行ける夢中になれるものってことなんだけど、ここでも「ちがう国」って表現が出てきて、面白い漫画だと改めて思う。
    槙生ちゃんがえみりに勧めた「フライドグリーントマト」って映画をぐぐってみたら、本当にある映画でなかなか面白そう。

    その映画も見てみようと思う。

    アマゾンで読む→違国日記(4)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS swing)

    「違国日記」19話あらすじネタバレ感想

    あらすじ

    朝が夏休みに入った。家にずっといたりいなかったりで、槙生のペースが乱されていく…

    19話では、朝の無神経な言葉が目につく。

    子どもがいる夏休みってほんと大変。
    ましてや槙生ちゃんのように自宅で仕事をしていたとなると、生活のペースが乱される気持ちがわかる…。

    朝が槙生に言うことがいちいちモラハラ夫とかぶってしまう私(;´・ω・)
    仕事の休みはないと言っているのに、毎日家にいるから休みみたいなものとか。
    部屋が汚いとか。
    なんでこんなこともできないの、ってこれはカチンときた。
    槙生も傷ついているわけで…

    出も朝は悪気がないのがたちが悪い(>_<)
    わー、すごい難しいなー。
    朝の学校でも、朝が褒めてるのに友達が泣いたり、怒ったり、イラっとされたりするらしい。
    それがどうしてなのかわからない朝。
    なんとなく理解できる槙生。
    隔たりは大きいのかも。
    これからどうなるんだろう?二人の関係。

    アマゾンで読む→違国日記(4)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS swing)

    「違国日記」20話あらすじネタバレ感想

    タイトルが入ります。

    槙生と笠町が中華料理屋でデート。昔いろいろあってお別れして、気持ちに整理をつけたはずなのに…

    20話で槙生と笠町の関係が進展。
    中華料理屋での2人の会話が面白いw
    それと、槙生が心の中で笠町に感じたことを自制する表情や行動がなかなか良い。
    それと同時進行でえみりに言われたことを反芻するのよね。
    尊重し合いすぎて、ちぐはぐな会話だけど、ほんわかする。

     

    最後に、2人は一線を越えてしまったのかしら?
    2人は美男美女だからほんと絵になる。綺麗だわ~。

    アマゾンで読む→違国日記(4)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS swing)

    「違国日記」5巻あらすじネタバレ感想

    まりまり

    画像クリックでアマゾンkindleで読めるよ!

    「違国日記」21話あらすじネタバレ感想

    あらすじ

    あるファミレスでえみりの母と槙生が初対面。その横で、朝とえみりはたわいもないことを話す。

    えみりの母親と槙生の違いがはっきりと描かれている。
    親としての気持ちを表すえみりの母親。
    槙生がどんな人なのかも確かめたり、愛情を持ってとか…。
    親だからこそでてしまうおせっかい。
    槙生は、相も変わらず自然体。
    親じゃなく保護者だという。
    朝のことを突き放しているのではなく、理解しようとしている人。

    えみりの母親から見た朝の両親を知ることができたから、結果的にこの出会いは良かったかも。
    槙生も、まさか姉が内縁の妻だったとは?
    思い出の中の姉が嫌う普通から外れたことをしている違和感がある。
    えみりの母親は、槙生と姉が似ているともいう。
    確かに、槙生は自分に厳しいところもあるかも。

    一方、朝とえみりの会話で、朝は気が付いてないかもだけど”普通”にこだわっていると思う。
    えみりは、その”普通”から外れている自分のことを朝には打ち明けられない。
    そりゃあそうだよね。
    あんなに朝が槙生のことを普通じゃないって言ってれば、言えないわ。

    親友っていっても、なかなかだねー。

    アマゾンで読む→違国日記(5)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS swing)

    「違国日記」22話あらすじネタバレ感想

    あらすじ

    奈々と笠町が二人で打ち合わせ。仕事以外で話すことと言えば、槙生のことだった。

    奈々と笠町が仕事関係つながってるって意外。
    けっこう槙生の交流関係って近くて深いんだね。
    なんかそういうところがリアルぽい。

    2人の仕事の話が終わったら、槙生とのことが絡んだ過去の話。
    笠町がうつになってしまった回想シーンが辛い。
    周りが見えていなかったというのもあるんだろうけど。
    笠町は「完璧」にこだわっていたんだよね。

    まぁでも、槙生のことが大好きな二人だから気も合うはずだわw
    ポンポンと進んでいく会話が面白くて全部読んじゃうw
    笠町が一歩進んだことを話すけど、きっかけがあの弁護士だったとは…
    やっぱり、あのとき焦ったんだねw

    笠町は、槙生に会いに行く。
    そこで、笠町の母親の弁当日記を渡す。
    槙生が読むと、母親から笠町への愛情が感じられる文章を見つけた。
    それでも、槙生は笠町がどう受け取るかだと言い無理強いしない。
    なんかそういうところが居心地がよく感じるんだろうね。

    最後に、姉の日記の話を笠町にしているときに、朝が聞いてたんだよね。
    めちゃくちゃ腹が立ってる朝。
    どうなるのかな?

    アマゾンで読む→違国日記(5)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS swing)

    「違国日記」23話あらすじネタバレ感想

    あらすじ

    朝は母親の日記が気になって、槙生の部屋を勝手に探して読んでしまった。

    朝の母親の日記とともに、実は母親がどう思っていたのかが描かれている。
    普通にこだわった朝の母親は、普通から外れてしまった恐怖・不安・怒りと闘い続けていたんだね。

    朝の父親が情けなすぎて、泣ける。
    なんでこんな男好きになっちゃったんだろう?
    普通の男を好きになっていたなら、もっと幸せだったかもしれないのに。

    朝の母親=槙生の姉からの視点で描かれている槙生は、なんか朝に似ている気がした。
    きっと良かれと思って言っていたことなのに、槙生に反発されて驚いている。
    槙生の姉はずっと孤独に耐え続けていたのかな?
    お腹の大きな姿で涙を流す槙生の姉が美しくもあり、悲しくもある。

    朝には文字でしか残っていないから、伝わらないよね‥

    アマゾンで読む→違国日記(5)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS swing)

    「違国日記」24話あらすじネタバレ感想

    あらすじ

    朝は、学校に行かなかった。しかし、心配したえみりや学校の先生から槙生に連絡が入り…

    朝が、両親の死と向き合い始めた?
    いろんなどうにもできない感情、怒り?悲しみ?諦め?とかたくさんの感情をどうすることもできずに、朝は学校を休んだのかな。
    朝にとって、すごく大事なことだと思うよ。

    槙生は、弁護士や笠町に連絡をし、助けてもらう。
    朝を探す道中で、弁護士と笠原の考えや過去のエピソードが聞けて、なかなか面白いw

    槙生の勘が当たり、朝を見つけた最後、ちょっとにやにやしながら読んでしまった。朝はひとりじゃないよって。

    アマゾンで読む→違国日記(5)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS swing)

    「違国日記」25話あらすじネタバレ感想

    あらすじ

    朝は見つかり、槙生たちと一緒に家に帰ることになる。大人たちは、朝の反抗的な態度を見守っていた。

    25話は朝が両親の死を受け入れる話だった。

    大人への反抗的な態度も、朝の「さびしい」気持ちの現れで。
    槙生につっかかっていく態度も朝の「さびしさ」から。
    朝は、槙生が自分の言ってほしい嘘を知っているにもかかわらず、言ってくれないもどかしさを感じる。

    槙生は、どんなに反抗的な態度をとる朝の言葉にひとつひとつ返している。
    朝が欲しい言葉はくれないけど、いっしょにそばにいてくれる。
    これはすれ違いというのだろうか?
    槙生の深ーい愛情を感じるのは私だけ?

    こんなに面倒なことを言う朝に、きちんと向き合ってくれている槙生はだれよりも朝のことを想っていると思うんだけどな。

    アマゾンで読む→違国日記(5)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS swing)

    「違国日記」6巻あらすじネタバレ感想

    まりまり

    画像クリックでアマゾンkindleで読めるよ!

    「違国日記」26話あらすじネタバレ感想

    あらすじ

    朝は、軽音部で作詞をすることになる。そんなの簡単。評価される詩が書けると思っていたのに…思春期の感情が爆発!?

    朝が可愛らしくて、笑ってしまった。
    もっと自分をみてほしい。周りに評価されたい、注目されたい。
    そんな同級生たちを見ては「ずるい」って思う。

    すごい学生時代に思ったことが凝縮されている。
    これが思春期かー…こんなときあったなー。

    朝が書いた詩を読んだときの槙生の反応が笑えるw
    顔を真っ赤にして…「元気出る」とかwww
    めちゃくちゃ分かる気がする。

    その槙生の反応に対する朝の反応も見て大爆笑してしまったwww
    ほんと、朝の感情がぶちまかれた26話だった。

    アマゾンで読む→違国日記(5)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS swing)

    「違国日記」26.5話あらすじネタバレ感想

    あらすじ

    槙生が学生時代の友達と女子会している話。

    槙生が笠町と別れたころの話。
    女子会楽しそう。
    いろんな会話が面白いんだけど、その中で「恋愛しない」発言の友達とのやり取りが面白い。

    自分のことをやっぱり”普通”から外れていることが分かって、受け入れて、少し楽になったのか。
    いつか分かる日が来るのかな?
    槙生の心のうちがみえた話だった。

    アマゾンで読む→違国日記(5)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS swing)

    「違国日記」27話あらすじネタバレ感想

    あらすじ

    槙生の仕事がスランプぎみ。そんなときに笠町と、仕事仲間、朝の友達のえみりがやってきて…

    槙生がお疲れのようで、仕事がスランプなんだとか。

    大人と子どもで別れて話をしたり、混ざったり。

    いろんな考えが覗き見できる。
    朝はやっぱり、周りが見えてなくて自分のことも。
    模索中?
    えみりは朝には何でも話せるわけでもなく…
    朝のことはまわりのみんながちゃんと見て知っているというw
    なんか面白い。

    槙生が笠町に甘えるところを見た朝が、動物園のトラと飼育員を想像するのが笑えるw目がまるく大きくなって可愛いwww

    アマゾンで読む→違国日記(5)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS swing)

    「違国日記」28話あらすじネタバレ感想

    あらすじ

    朝の誕生日をお祝いしていないことに気が付いた槙生。朝と一緒にお祝いをしようと提案する。

    朝の反抗期(?)、イライラが少しずつ落ち着いてきた。自分の孤独という砂漠に水をあげる日は近い…

    朝は、放課後にカウンセリングもされている。
    話したいことなんてない。
    やりたいこともない。
    でも、自分のなりたい自分になりたい。
    ムジュンする気持ちが難しいー。

    じゅのさんと槙生の会話好きだな。
    槙生があと数年って言うのに対して、そんなに甘くないっていう。
    じゅのさんのセリフってハッと気づかされるところあるよね。
    その後のじゅのさんの子どもの頃の写真のギャップに笑ったw

    朝はどんな大人になるのか?
    槙生は見守っていくんだろうね。

    アマゾンで読む→違国日記(5)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS swing)

    「違国日記」29話あらすじネタバレ感想

    あらすじ

    朝の友達のえみりは、朝からのLINEにすぐに返事をしなかった。その理由とは…

    えみり目線の話。
    ときどき、槙生のことを思い出したり「槙生さんだったら…」とか。
    周りにいなかったタイプでもあるだろうし、槙生に聞いてほしいことがあるように思う。

    えみりと朝の関係もよくわかる。
    朝に対してどう思っているのか…。
    えみりが彼氏を作らない理由も…。

    それぞれ思うことは、みんないっしょじゃないもんね。

    アマゾンで読む→違国日記(6)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS swing)

    「違国日記」30話あらすじネタバレ感想

    あらすじ

    もうすぐバレンタインデー。それそれが過ごすバレンタインデーとは…

    バレンタインデーでウキウキしている同級生たち。
    えみりは好きな子といっしょに過ごすつもりだけど、朝には言わない。
    槙生は誰にも渡さないけど、笠町や編集者の人からもらってくる。
    朝の他の友達もチョコを作るとか…朝は自分だけが恋していないという。

    朝と槙生、なかなか交われない思考だけど、なんか二人の会話が面白いw
    理解できない朝が分かる日は来るのだろうか…

    アマゾンで読む→違国日記(6)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS swing)

    「違国日記」7巻あらすじネタバレ感想

    まりまり

    画像クリックでアマゾンkindleで読めるよ!

    「違国日記」31話あらすじネタバレ感想

    あらすじ

    槙生がふいに言った「空虚」という言葉で父親を思い出す朝。父親って誰だったっけ‥

    周りの人から見た朝の父親の話。
    少しずつ明らかになる朝の両親の姿。
    それは亡くなってから周りの人から聞く朝の父親の話。

    朝が父親のことを考え始めた…。

    えみりの母親と仲良くなった槙生。たまに二人でランチ言ったりする仲になっている。
    その二人の会話で見る朝の両親の姿はあんまり幸せそうじゃないんだよね。
    朝の父親がこれからどう響いてくるのか?

    アマゾンで読む→違国日記(7)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS swing)

    「違国日記」32話あらすじネタバレ感想

    あらすじ

    笠町と弁護士・塔野が一緒に食事をする。

    珍しい組み合わせのお食事会w
    他にも朝の同級生たちの話が出てくる。

    「男だから」「女だから」にこだわっている話のように思う。
    そういうものに縛られて、なかなか動けずにいる登場人物たちや、そこから解放された登場人物。

    そういう人たちの中で、朝は父親からあいされていたのかが知りたいと思っている。朝はそれが見つけられるのか?

    アマゾンで読む→違国日記(7)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS swing)

    「違国日記」33話あらすじネタバレ感想

    あらすじ

    朝がボーカルのオーディションを受けることにした経緯とは?

    朝は父親のことを考えていて、でも答えはまだ出ない。
    同級生たちとの関りの中で、「目立つ」ということに悩み始めた。
    あぁ、若いわ…

    槙生はサイン会のための服を友達とオンラインで決めている。
    そこで朝も話して、悩みを聞いてもらった。
    「目立つことは良いこと?悪いこと?」
    「キャラは?」
    思春期独特の悩みがえもい。

    ある意味、若いエキスいただいた話だった。

    アマゾンで読む→違国日記(7)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS swing)

    「違国日記」34話あらすじネタバレ感想

    あらすじ

    朝がストリートライブをすることになり、緊張気味の早朝。

    朝と槙生の会話から始まり、朝の登校中で千世との会話に終わる。

    朝が考えていることは目まぐるしく変わっていく。
    感じ方も日に日に変わる。
    槙生も朝の成長を感じる。

    朝と千世の会話で、朝から元気をもらったと思う。
    素直ってほんと良いわw

    ひとことひとことのセリフが深いから、何回読み返しても「なんかいいな」って笑いがでる。

    アマゾンで読む→違国日記(7)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS swing)

    「違国日記」35話あらすじネタバレ感想

    あらすじ。

    朝が校内でストリートライブをする。たった一人の友達を思いながら、何かを変えれると信じて歌う。

    朝が友達のために歌う。
    誰かのためにうたったところで、世界を変えられるわけじゃない。
    誰かの心の中もかえられることなんてないかもしれない。

    それでも、朝は歌う。

    槙生と朝との会話、千世の話も出てくる35話だった。
    この熱い思いというか、朝の想いがすごく良くて何回見ても泣いてしまう話で、一番好きかも。

    アマゾンで読む→違国日記(7)【電子限定特典付】 (FEEL COMICS swing)

    「違国日記」8巻あらすじネタバレ感想

    まだ発売されてません。
    発売されたら更新します。

    「違国日記」36話あらすじネタバレ感想

    朝とえみりは幼いころからの家族ぐるみの付き合いがあった。
    親友だけど、どこまで秘密を伝える?
    えみりは朝に打ち明けるべきなのか、悩んでいた

    「違国日記」36話あらすじネタバレ感想!親友に秘密をどこまで言う?

    「違国日記」37話あらすじネタバレ感想

    えみりは、朝につき合っている女の子のことを告白する。朝の反応は…?
    「違国日記」37話あらすじネタバレ感想!男か女かではなく自分は自分

    「違国日記」38話あらすじネタバレ感想

    朝は亡くなった父のことを調べ始めた。
    愛されているのか知るために…
    「違国日記」38話あらすじネタバレ感想!亡き父は自分を愛していたのか?

    「違国日記」39話あらすじネタバレ感想

    朝は、亡くなった父の会社に連絡して、生前の父の話を聞こうとする。
    「違国日記」39話あらすじネタバレ感想!父親にどんな思いがあるのか?皆の意見が面白い

    まりまり

    読んだら更新します

    「違国日記」最新話は?

    まりまり

    画像クリックでアマゾンkindleで読めるよ!

    「違国日記」はフィールヤングで連載中です。
    毎月8日に発売されています。

    フィールヤングをお得に読む方法も併せてお役に立ててくださいね。

    >>FEEL YONG(フィールヤング)を無料で読みたい!おすすめ漫画サイトはココ!ランキング形式で紹介しています

    さいごに

    「違国日記」は、絵がきれいで読みやすい。
    セリフがすごく良くて、心にしみわたる感じがして、疲れた心が栄養補給できます。
    人付き合いが苦手な主人公が、姪に伝えようとするセリフが深い。
    言葉を選びながら、姪に伝えようとする主人公にとても好感が持てました。
    これから二人はどうなっていくのか楽しみです。

    ヤマシタトモコ先生の描く世界感をぜひ味わってほしいです。
    きっとハマると思いますよ!