違国日記1巻あらすじネタバレ感想

「違国日記」1巻について書きます。

  • あらすじは?
  • ネタバレありの感想が読みたい
  • 次回の展開って?

なんて、気になっている方に向けて書きます。

まりまり

おばさんの感想駄々洩れの記事です

「違国日記」の全話のあらすじネタバレ記事もどうぞ。

>>違国日記(いこくにっき)1巻から最新話まであらすじネタバレ感想まとめ!

\12万冊読み放題で980円!30日無料あり!/

「違国日記」1巻あらすじネタバレ感想

まりまり

画像クリックでアマゾンkindleで読めるよ!

「違国日記」1話あらすじネタバレ感想

あらすじ

高校3年生の春、田汲 朝は小説家の高代 槙生と暮らしている。
穏やかな二人だけの生活。朝は、槙生が仕事をしているときは”ちがう国”の女王だと感じていた。

高校から帰ってきた朝のシーンから始まる。
仕事中の槙生の後ろ姿を見る朝。
朝が手慣れたかんじで歌いながら料理をして、槙生は仕事をしながら朝に話しかける。
なんか二人の会話から仲の良さがわかる。
漫画なのにすごい自然な感じで流れているから、映画のワンシーンを見ているみたい。
スウェットにぼさぼさの髪なのに、槙生ちゃんかっこいい(・∀・)

朝は槙生をよく見ていて、仕事中の姿・そうでないとき・たまに見せる表情で槙生が”ちがう国”に行っていると表現している。
朝が夜眠るときに、仕事をしている槙生の音が聞こえるんだけど、好きな夜だという。

朝が、槙生ちゃんのことを大好きで信頼しているんだなって感じた。
なんかいいね。二人の関係性が。

「違国日記」2話あらすじネタバレ感想

あらすじ

朝が中学3年生の冬、両親が亡くなり、槙生との生活をすることになる。

寒い日に、槙生は亡くなった姉を思い出している。
思い出の中の姉とは仲良さそうじゃない。
朝の両親の事故のことがニュースになっている。

朝と槙生が再会したのは「なくそう、暴力団」って看板があるから警察なのかな?
槙生がその場所に到着した時に、朝は、祖母といっしょにいた。
祖母は手続きがあるからと、槙生に朝を任せてその場を離れる。
なんか気まずい雰囲気。

朝のお腹の虫はなる。事故とかでご飯をたべてなかったのかも。
涙も流してない朝の姿がなんかリアルだね。
まだ現実味がないっていうか…。

ファーストフード店で、槙生が朝に話すことがすごく優しく感じる。
ムリして優しくするとか、ムリして涙を見せるとか、そういうのではなく淡々としていて、それが余計にいい。
ただ、槙生が姉に対してわだかまりがあることもわかって、なんだかそれが悲しい。

槙生は押し付けがかしいことはいわないけど、ひとつだけ提案する。
日記をつけるのがいいかもって。

そのあち、朝の両親の葬式で親戚たちは言いたい放題。
現実でもむりもないことかもしれない。
子どもを育てるというのは、責任もお金もかかることだし。
せめて、子どものいないところで言ってくれないもんかね?

聞かないフリをする朝だけど、槙生に声をかけられて涙があふれてくる。
そんな朝を見過ごすことなく、槙生は朝を連れて帰る。
槙生が朝に、いろんな話をするけど、その中で印象的なのが「愛せるかどうかわからないけど、踏みにじらない」というセリフ。
槙生ちゃんの人柄がわかるし、寄り添いが上手いと思った。
それに、心無いこという親戚たちに怒る槙生ちゃんが素敵すぎた。
朝が、まだ状況がふわふわしてる状態だと思うんだけど、槙生ちゃんのような身内がいてよかったよね。
安心感がはんぱない。

「違国日記」3話あらすじネタバレ感想

あらすじ

朝と槙生の生活がスタートする。なかなか距離感がつかめず、ギクシャクする二人だが、槙生は朝を優しく見守っている。

朝の両親の葬式だった次の日。
朝は、槙生の自宅で目を覚まして、よく寝たことを実感する。
それだけ気も張っていたし、安心できる場所に来たということだわね。

2人が距離感をさぐりながら、ぎくしゃくするところがちょっと微笑ましい。
「人見知りか」と朝に聞かれた槙生ちゃんの反応が初いかんじで可愛い…
朝が、母親をなぜ嫌いかと聞いたら、槙生ちゃんの表情がまた変わった。
子どもっぽかったり、大人の顔になったり…私から見たら槙生ちゃんがほんとスキ!
でも、朝は槙生ちゃんのことを「へんな大人」って思ってる。
朝の母親のイメージは、しっかりした大人って感じがするから、対照的すぎて不思議なのかもしれない。

まだ朝は、両親が亡くなったという実感がわかないのか、感情がついてきていない。
それをソッと見守る槙生ちゃん。
朝が困ったかな?ってときには、すすすっと現れて助言するのがすごく自然でいい。
多くは語らないけど、言葉のチョイスが素敵で「さすが小説家!」って思わせてくれるのがにくいね。
槙生ちゃんが、たまに主語がないセリフを朝に言う。
それで、朝が一瞬「?」ってなるんだけど、一概には言えないけど、そこも槙生ちゃんが発達障害ってことを現わしているのかなってかんじた。

「違国日記」4話あらすじネタバレ感想

あらすじ

朝は、同級生から「最近どう?」というラインがきた。返事に困った朝は、槙生に相談するが…槙生の友達が遊びにきた。

朝が同級生からの返事に困って槙生ちゃんに相談する姿が可愛い!
なんだかころころしていてわんこみたいだと思ってしまう。
返事に困る槙生ちゃんも面白いw

さらっと槙生の食事メニューが書かれているけど、決まったメニューが続いていく。

ある日、槙生の友人の奈々が遊びにやって来た。
朝は奈々と槙生のやりとりが大人ぽくないと思う。
どうも、朝は「大人」ぽさにこだわりあり?

奈々と槙生が、大笑いしたりふざけあったりするのが珍しいみたい。
朝は、槙生と「友達」ではないということを考えてモヤッとする。
これって、やきもちかな?
それに、朝が”大人がご飯を作って当たり前ではない”っていたことに気がついた。
槙生ちゃんは朝のために頑張って二人分の料理を作っていたんだよね。

槙生は、朝に頼ってはいけないと思っていたところも、奈々との会話で分かった。
奈々はよく見てるし、槙生ちゃんを大事に思っているところが好感が持てる!

そこで、三人で餃子を作ることになった。イベントぽくて楽しそうではあるw
奈々は、これからの槙生の生活でお金のことや他にも変わっていくところも分かっていて、別れ際にいうセリフもオシャレに応援してるってことだよね!
あぁ、どんなに素敵かってことを伝えたいのにうまく伝えられない(´;ω;`)ウッ…こういうときに語彙力がほしいって思う。

朝も槙生に自分の気持ちを伝えるのが上手になった。
2人の距離がググッ近づいたかと思ったんだけど、最後に朝が言った母親の口癖が槙生の表情を曇らせた。
朝は気が付いてないみたいだけど、槙生と姉にいったいなにがあったのか気になる。

「違国日記」5話あらすじネタバレ感想

あらすじ

めずらしく槙生が外出する。よそいきの服を着て、どこへ向かうのか…

槙生がよそいきの服を着て出かけるのを、朝が「きれいだ」という。
ほんと朝って可愛いわ。

槙生は笠町と会うために外出した。
笠町は元カレなんだよね。なかなかのイケおじ!
2人の会話が、奈々とはまたちがって良きかな。

笠町が槙生ちゃんに未練あるのを隠さないところも、なんかいい。
なんだかんだいっても槙生ちゃんが好きだし、サポートをしてくれる笠町イイ男なんだよね。

槙生ちゃんも人間関係とか料理とか苦手で、人のお世話を焼けるほどの許容範囲が少ないはずなのに、朝のことを一生懸命に考えている。
朝の見えないところで、槙生ちゃんが影ながらのサポートをする。
責任感が強いのもあるし、できないところは人に頼っているのがうまいこと描かれていると思う。
大人だからってなんでもすいすいできるわけないわ。
ちょっと無神経なところがある朝だけど、それは仕方ないとして。
いよいよ、次回は朝の遺品整理へ。

「違国日記」次回2巻の展開は?

朝と槙生が遺品整理をすることにした。
「違国日記」2巻あらすじネタバレ感想!6話~10話まで

さいごに

他にもフィールヤングで連載中の漫画のあらすじネタバレ感想記事も併せてお楽しみくださいね。

「後ハッピーマニア」の全話ネタバレあらすじ感想まとめ!最終回・結末は?

『女の園の星』全話あらすじネタバレ感想!和山やまのフィールヤング初連載を紹介します