徒花まとめ

「徒花~adabana~」について書きます。

  • 「徒花~adabana~」(上)(中)(下)コミックが知りたい
  • 1話~最終話までのあらすじは?
  • ネタバレ感想も読んでみたい
  • 最終話・結末はどうなった?

と、気になっている方に向けて書いていきます。

(6/18追記修正あり)

「徒花~adabana~」は人気漫画家NON先生が描いた作品で、グランドジャンプで連載していました。
最終話は、グランドジャンプ 2021 No.14で掲載されています。

待望の下巻(adabana―徒花― 下 (ヤングジャンプコミックス))が、2021/7/16に発売予定です。

\12万冊読み放題で980円!30日無料あり!/

「徒花~adabana~」作品紹介

 

作品紹介
  • 徒花~adabana~
  • 著者:NON
  • 出版社 ‏ : ‎ 集英社
  • 上・中巻既刊
  • 下巻:7/16発売
  • グランドジャンプで連載していた
あらすじ

雪積もる小さな町で、猟奇的な殺人事件が起こる。
身体を切断された被害者は女子高生・五十嵐真子。そして、犯人として警察に自首して来たのは、同級生の藍川美月。
闇に抗う2人の少女の“秘密”をめぐる、リアル・サスペンス!!

著者は、人気漫画家のNON先生。
2人の少女を巡る殺人事件を描いています。
NON先生のお得意の美しい絵で、登場人物たちの細かい表情の動きがあり、背景も美しい。
最初から最後まで、まるで映画を見ているかのような感じでした。

それでは、登場人物、上・中・下のあらすじを紹介いたします。

「adabana 徒花 」の登場人物は?

「adabana 徒花 」の主要人物です。

  • 五十嵐真子
  • 藍川美月
  • 暁裕樹

五十嵐真子(マコ)と藍川美月(ミヅキ)を中心に描かれています。
どうして少女は亡くなってしまったのか?
自首したミヅキのついた嘘とは?
2人の少女たちの関係に注目です。

「徒花~adabana~」(上)漫画あらすじ

まりまり

画像クリックでアマゾンkindleで読めるよ!

雪積もる小さな町で、猟奇的な殺人事件が起こる。身体を切断された被害者は女子高生・五十嵐真子。そして、犯人として警察に自首して来たのは、同級生の藍川美月。犯行を供述する美月だが、そこにはある違和感が…!? 闇に抗う2人の少女の“秘密”をめぐる、リアル・サスペンス!!

アマゾンkindleで読む→adabana 徒花 (上) (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

「徒花~adabana~」(中)漫画あらすじ

まりまり

画像クリックでアマゾンkindleで読めるよ!

「親友の五十嵐真子と、その叔父を殺しました」
物語は藍川美月が自首をして来てから半年ほど遡る。真子は暁裕樹と出逢い、逃れようのない恋に墜ちていく。美月とも打ち解け、人生で最も輝いていた時期に、なぜ真子は死に至ったのか。被害者の真子視点で描かれる、事件の真相。

アマゾンkindleで読む→adabana 徒花 (中) (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

「徒花~adabana~」(下)漫画あらすじ

adabana―徒花― 下 (ヤングジャンプコミックス)

まりまり

タイトルクリックでアマゾンkindleに飛びます!

2021/7/16に発売されます。

「adabana 徒花 」上・中のネタバレ感想

1話~18話まで上・中巻のネタバレありの感想をまとめて書いています

ネタバレを含みます。

「adabana 徒花 」のネタバレありの感想です。

徒花の意味は、”咲いても実を結ばない花””むだばな”です。
このタイトルの”徒花”が意味するものは何なんでしょうね?

美月が本当に殺人を犯したのか?それとも偽装?
続き気になってグランドジャンプ買ってしまうほど、見せ方が上手いですよね。

上巻では、ミヅキがマコを裏切って裕樹に寝返ったのか?と思わせるような態度だったのが気になるところ。アカツキにだまされたのかしら?と。

しかし、中巻では上巻では描かれていなかったマコとミヅキの家族のことや二人の仲がどんなかんじだったのかが詳しく描かれています。
さらに、アカツキとの出会いがマコからの視点でわかります。
ゲスい男だとイライラが止まらない!

無力な少女を守ってくれるのは、普通大人のはずなのに、警察ですら守り切れなかった。
ひとりで警察に向かうマコの姿が悲しい。高校生で警察に行くだけも、すごく怖いと思うんです。
それなのに、誰の助けもない。救いがないとはこのこと。
信頼できるのは親友のミヅキだけ。
もう本当に涙が出てくる!
中巻では、マコとミヅキの関係にも注目です(‘ω’)ノ

「徒花~adabana~」下巻ネタバレ感想まとめ!

まりまり

下巻は未発売だったので、19話~最終話までグランドジャンプで掲載されるたびに記事を分けて書いてあります。

「adabana 徒花 」の作者は?

「徒花」の作者は、NON(のん)先生です。

プロフィール
  • NON(のん)
  • 1987年1月26日生まれ
  • 血液型A型
  • 佐賀県出身
  • 埼玉県立久喜北陽高等学校、日本デザイナー学院卒
  • Twitter
  • Instagram

NON先生は、漫画家の前にアイドルもされていました。専門学校時代に、スカウトされ、アイドルの道へ。2年弱の活動だったそう。

人気作品はこちらです。

「デリバリーシンデレラ」や「ハレ婚」では、絵がすごく綺麗で、ストーリーも予想できない展開で引きこまれますよね。
女性から特に人気の「ハレ婚」もう読みましたか?最後まで読むと本当に泣けます(´;ω;`)
めちゃくちゃ良いです!!!

NON先生のご夫婦のインタビュー記事を見つけました。
「マンガフル」の【【前編】NON先生夫妻にデビューから『ハレ婚。』連載までの歴史を聞いてきた!二人で歩んだ苦労の道のりについて語って頂きました!】です。
こちらも面白かったので、ぜひ読んでみてくださいね。

インタビュー記事を読む→マンガフル

 

さいごに

「adabana 徒花 」は人気作品だけあって、ネット上でも感想がたくさんありますね。
NON先生のTwitterでも、最新情報を更新していますので、、そちらも見てみてくださいね。
完結まで追っていきます( `ー´)ノ

6/18追記
ついに完結しました。
衝撃的な内容だったので、とても胸が締め付けられる思いです。
NON先生の絵も繊細で美しくて見ごたえありますね。

他にもNON先生のおすすめ漫画記事も併せてお楽しみくださいね。

漫画家NONのおすすめ作品ランキング!元アイドルが描く漫画がスゴイ!

\12万冊読み放題で980円!30日無料あり!/