僕の妻は発達障害20話あらすじネタバレ感想

「僕の妻は発達障害」20話について書きます。

  • 20話のあらすじが知りたい
  • ネタバレありの感想は?
  • 次回の展開って?
  • 前回の話ってどんなだった?

なんて気になっている方に向けて書いていきます。

まりまり

今回印象が強かったのは、学習障害の話。すごい考えさせられたわ

「僕の妻は発達障害」の1話から最新話・完結までのまとめ記事も併せてお楽しみくださいね。

>>「僕の妻は発達障害」1話から最新話・結末まであらすじネタバレ感想まとめ!

\12万冊読み放題で980円!30日無料あり!/

「僕の妻は発達障害」20話あらすじネタバレ感想

まりまり

画像クリックでアマゾンkindleで読めるよ!

コミックバンチ9月号に掲載されています。

「僕の妻は発達障害」20話あらすじ

知花が働くショップの副店長・青木由は、知花を疎ましく思っていた。ある日、間違って知花がラインを青木に誤送信する。それを見て青木は知花を退職させようと陰湿ないじめをし始める…。

「僕の妻は発達障害」20話ネタバレ感想

知花は、悟に話し上手だと褒められると、計算・手元のミスが多いことを伝える。その表情が悲しそうで辛い。
出来る事もあれば、できないことが人一倍ある辛さは相当だと思う。
この悟と知花の会話って、発達障害でどんなところがどのように辛いのかが分かりやすいし、優しい雰囲気だから読んでいてほっこりする( *´艸`)

知花の働いているお店の副店長が、また意地悪なんだよね。
副店長の仕事が、知花のミスをカバーしないといけなくて、仕事が多いわりに、給料に影響する個人売上にはハンデがないとか。
副店長・青木のイライラがヤバイ。
店長に、知花のことを伝えるけど、知花を庇っているように聞こえて、さらにイライラが増す青木(;´・ω・)

知花もタイミングが悪くて、青木に悟と間違えてラインを送ってしまう(゚Д゚;)
青木が、彼氏に断られた矢先のことだったから、青木も知花を辞めさせるって燃えちゃってる…。
青木が陰湿すぎて、胸糞。

周りのスタッフを巻き込んで、発達障害のことを馬鹿にして…。
ほんとこういうの感じ悪い。こんな陰湿な性格だから、彼氏も親に会ってくれないんだよ(; ・`д・´)!
知花をどんどん居づらくさせて辞めさせようとしているんだろうけど、そんなことで知花が負けるわけない!次回どうなる?

コミックバンチはkindle unlimited対象作品なので、アマゾンの読み放題で読めます。

アマゾンkindleで読む→月刊コミックバンチ 2021年9月号 [雑誌] (バンチコミックス)

「僕の妻は発達障害」の次回21話の展開は?

掲載されたら更新します。

「僕の妻は発達障害」の前回19話は?

悟がアシスタントをしている漫画家の先生が入院したので、仕事が休みになり1ヶ月無給。
知花が悟に「自分が仕事をしているから自分の漫画を描こう」という。
前向きな知花に励まされる悟だったが、知花の職場で大変なことに…

>>「僕の妻は発達障害」19話あらすじネタバレ感想!妻の学習障害を理解する夫の思考回路が役に立つ

「僕の妻は発達障害」の最新話を読む方法は?

まりまり

画像クリックでアマゾンkindleで読めるよ!

「僕の妻は発達障害」は「月刊コミックバンチ」で連載しています。
最新話を読むには、最新の「月刊コミックバンチ」で読めますよ。
毎月、21日に発売しています。

コミックバンチはkindle unlimited対象作品なので、アマゾンの読み放題で読めます。
kindle unlimitedに登録されているかたは、ぜひぜひ読んでみてください。

まりまり

約1年ほど前まで遡って読めますので、公式サイトにてご確認くださいね。

アマゾンkindleで読む→月刊コミックバンチ 2021年9月号 [雑誌] (バンチコミックス)

「僕の妻は発達障害」コミックは?

まりまり

画像クリックでアマゾンkindleで読めるよ!

作品紹介
  • 僕の妻は発達障害
  • 著者:ナナトエリ・亀山聡
    監修:四宮 滋子(しのみやクリニック)
  • 既刊1巻
  • 連載:月刊コミックバンチ
    あらすじ

    北山悟(30)は漫画家のアシスタント。
    妻の知花(32)は発達障害。
    ふたりの生活はいろんな問題があるけど、毎日を過ごしている。

    2020年10月に待望の1巻が発売されました。
    2巻は2021年1月9日に発売。

    タイトルクリックでアマゾンで読めます。

    さいごに

    青木の気持ちもわかるんだけどね…。
    息子が発達障害なので、どんなミスかっていうのがなんとなく想像できるのですが…。
    発達障害だろうがなかろうが、部下のミスのカバーする立場になると、大変。
    でも、そこに病気を馬鹿にしたようにいうのが癇に障る。
    知花が青木をどんなふうに「ぎゃふん」と言わせるのか、次回が楽しみです。