寄生列島

ここでは、「寄生列島」全話について書きます。

  • 「寄生列島」全話あらすじが知りたい
  • ネタバレありの感想も読みたい
  • 作品紹介
  • 著者:江戸川エドガワって?
  • 他の漫画は?

と、気になる方に向けて記します。

「寄生列島」は、『ヤングマガジン』週刊14号で連載が始まりました。
著者の江戸川エドガワ先生と言えば「生贄投票」が有名で、リアリティのある絵柄が特徴。

ホラーを描かせたら天下一品!

気になる新連載の「寄生列島」のあらすじ・ネタバレ感想をまとめました。

\12万冊読み放題で980円!30日無料あり!/

「寄生列島(きせいれっとう)」1話から最新話・結末までネタバレ感想まとめ!

1話から最新話・結末までネタバレ感想まとめです。

更新していきます。

「寄生列島(きせいれっとう)」を簡単に紹介

まりまり

画像クリックでアマゾンkindleで読めるよ!

作品紹介
  • 寄生列島
  • 著者:江戸川エドガワ
  • 既刊2巻
  • 出版社 : 講談社
あらすじ

女子高生の千堂千尋は、離島「花山島」に東京から転校してきた。
独自の風俗が残るその島で、人の欲望が暴走する事件が起き始める。
殺人、放火、強姦。際限ない欲望が離島を地獄に変えていく。

「寄生列島」1巻あらすじ

まりまり

画像クリックでアマゾンkindleで読めるよ!

千堂千尋は、親の離婚で離島の「花山島」にやってくる。
この島には、独自の風習が残っていて、なかなか島の人に受け入れてもらえない千尋。
そんなときに、恐ろしい連続殺人事件が起こる・・・。

アマゾンkindleで読む→寄生列島(1) (ヤングマガジンコミックス)

「寄生列島」2巻あらすじ

まりまり

画像クリックでアマゾンkindleで読めるよ!

人間の欲望を暴走させる寄生虫が人々を侵食していく。
そんな中、離島「花山島」は本土への連絡船が燃やされ本格的に孤立してしまった。
千尋親子は一連の事件にの容疑者にされ、裁判されることになるのだが・・・。

アマゾンkindleで読む→寄生列島(2) (ヤングマガジンコミックス)

「寄生列島」3巻(2021年3月5日発売予定)あらすじ

まりまり

画像クリックでアマゾンkindleで見えるよ!

2021年3月5日発売予定です。

学校を脱出し給水塔の最下層へと辿り着いた千尋たち。そこで明かされる島の権力者が隠した真実とは!? そして寄生虫の被害はステージ2へ突入! 無尽蔵に増える脅威に対し変人研究者・蜷川とのタッグで立ち向かう!!

アマゾンkindleで読む→寄生列島(3) (ヤンマガKCスペシャル)

「寄生列島(きせいれっとう)」の著者:江戸川エドガワとは?

まりまり

画像クリックでアマゾンkindleで読めるよ!

「寄生列島」の著者は、あの有名な「生贄投票」を描いた江戸川エドガワさんです。

江戸川先生の紹介
  • 江戸川エドガワ
  • 本名:不明
  • 出身:兵庫県
  • 性別:不明
  • 血液型:不明
  • 学歴:不明
  • 好きなもの:おもち
  • 公式サイト
  • Twitter

江戸川さんの最新情報を知るには、Twitterを見るのが早そうです。
Twitterでは、漫画の告知もありますが、江戸川さんの日常でのことも投稿されているので、ファンはフォローしちゃいますね!

江戸川さんの作品をざっとまとめました。

江戸川エドガワさんは、ちばてつや賞ヤング部門において佳作を受賞後、2013年より「ヤングマガジン」にて『デスペナ』(原作:押川雲太朗)を連載。
現在も押川氏とタッグを組み、「近代麻雀」にて『LOST ~失踪者たち~』をシリーズ連載中。
江戸川さんの絵は、リアルで細部まで綺麗に描かれているので、読みやすくて好きです。
「寄生列島」も人気の漫画となっています。

さいごに

寄生、感染ものが好きなので、新連載が始まったと知って、さっそく読み始めました。
まだまだ謎が多くて、次号への期待が高まります!
早く結末が知りたいですね。
最後までお読みいただきありがとうございます。

\12万冊読み放題で980円!30日無料あり!/