寄生列島2巻あらすじネタバレ感想

ここでは、「寄生列島」2巻について書きます。

  • 「寄生列島」2話のあらすじ
  • ネタバレありの感想も読みたい
  • 次巻の展開は?
  • 前回のあらすじは?

と、気になる方に向けて記します。

※ネタバレがある記事です。

「寄生列島」あらすじネタバレ感想のまとめ記事も併せてお楽しみくださいね。
「寄生列島」全話あらすじネタバレ感想!1話から最新話、最終回・結末までまとめ!

\12万冊読み放題で980円!30日無料あり!/

「寄生列島」2巻あらすじネタバレ感想

まりまり

画像クリックでアマゾンkindleで読めるよ!

2巻は、9話~18話まで収録。

9話「私が守る」あらすじネタバレ感想

あらすじ

船を燃やした犯人は、虫に寄生されている重要なサンプルだった。騒ぎを聞きつけた島の住人達も集まってきて、絶体絶命の千尋たち!

蜷川は、寄生されているサンプルが目の前にいて嬉しそう。目の中を確認しようとするけど、莉子に包丁で切りつけられて阻止される。少女ぽくない言動が不気味。可愛い莉子ちゃんの目がカッと開いて、虫の動きが確認されるところが、リアルで気持ち悪い。
千尋は、莉子を守るため抱きしめるんだけど、莉子ちゃんの気持ちを考えたら泣きそうになる。夜中ひとりぼっちで過ごしていた莉子、寂しかったんだろうな。そこで千尋に優しくされたり、心を許せる人に出会ったのに寄生されるとか悲しい。二次感染の危険があるって引き離される二人(´;ω;`)ウッ…
結局、村の消防団に見つかって捕まるんだけど、莉子を守ろうとする千尋に莉子も嬉しそうなのに…。寄生されてても千尋のことはわかるみたい。さらに千尋を守ろうとする父親も顔つきが最初の頃と違って、かっこいいな。
場面が変わって長老の部屋の中。長老の周りに服を着たままの女性が倒れている。しかも、目を開けたまま!長老から湯気が出てるwwwそこらじゅう、液体だらけでみんな服着てなにしてたの?(゚Д゚;)鴻島父の黒幕感ハンパない!
千尋は火事の主犯扱いされて裁判される…やっぱりね。鴻島父が千尋を見てニヤリ。鴻島父のニヤリが笑えたw

10話「島民裁判」あらすじネタバレ感想

あらすじ

千尋親子と寛太は捕まり、島民裁判を受けることに…。

捕まった莉子は長老のところで保護されてるっていうけど、一番危ないヤツやん(;´・ω・)裁判では、千尋親子が犯人扱い。証人は寛太で、周囲から圧力をかけられるけど、わからないという。寛太が裏切るのかと思ったけど良いやつだった…。
鴻島父が千尋に、身体を捧げたら許す的なことを言うけど、最初からそればっかりか。最初から目をつけてたのかと思うと、ぞっとするね。怒った千尋にビンタされて倒れる鴻島父の表情が笑える。弱すぎw
千尋たちは土牢にいれられるはめになった。
やっと出てきた蜷川先生!鴻島父に取り入ってる!鴻島父と蜷川先生が組んじゃうってこと!?

11話「土牢の飯」あらすじネタバレ感想

あらすじ

島の連絡船が燃やされたため、食料が届かなくなってしまった。一方、牢屋に入れられている千尋親子は、島の会長・鴻島から千尋を差し出すように言われて…。

莉子が燃やした船は、島の連絡船だった。食料が届かなくなってしまい島の住民は緊急事態!ヤバイ!
島の住民は長老の命令により、非常食を持って学校に集合することになった。やっぱり変態教師・島常先生が再登場。蜷川も鴻島父といっしょにいて、味方になったのかしら?
鴻島父は、長老を代弁して、食料を分け合って乗り切ろうと伝える。蜷川も鴻島父に聞いてたけど、長老にそんな価値ある?島の象徴って言いながら、自分に都合よく使う鴻島父。長老のことを老いぼれって言ってるしね。
鴻島父は、牢屋で捕まっている千尋の身体を差し出すように、また言う。
どんだけ体ほしいんだよ。しつこい~。それが嫌なら牢屋の中にぶちまけたご飯を食えとか、イヤなやつ。
それでも、千尋のお父さんはそのご飯食べて、反抗。さらに鴻島父の取り巻きの首を掴んで威嚇するお父さん、かっこいい!
長老は島の大切な象徴だなのにお世話役・大島が長老に暴行。目にはまた寄生虫がいて、理性がない。長老は血まみれ(゚Д゚;)
次に食料を配っている団体に目をつける大島。
寄生されたら感情の赴くままの行動になるから、学校の食糧が狙われている!?

12話「委員長と野球少年」あらすじネタバレ感想

あらすじ

学級委員長は、島常先生のことが気になっている。そんなときに、血まみれの大島が回収した食料を食べているのを発見し…。

またしても島常先生登場。学校内では、普通の態度で気配り上手のイケメン先生。可愛いメガネ女子の委員長が好きになるのも仕方ないかも。この子も襲われるんじゃないかとハラハラしてしまう。
野球部の駒井が委員長と島常先生の間に入ってくるんだけど、駒井は委員長が好きそう。駒井は、島の異変になんとなく気が付いている。千尋の味方候補かな。
食糧を置いている部屋にひとりになった委員長。駒井との会話が青春って感じでキュンキュンするね。
血まみれの大島が委員長の後ろから見ているのに、びっくり!寄生された大島は食欲だけじゃなく性欲も満載で、委員長に襲い掛かる!そこに駒井が助けに来たと思ったら、変態教師・島常先生も来た!寄生された大島、島常先生から狙われる委員長…こわっ!島常先生は、また笑顔でズボンとパンツ下げて…丸見えw駒井も手を出せず、見るしかないの?本性を出した島常先生に委員長が抵抗できない!?

13話「がんばろう!」あらすじネタバレ感想

あらすじ

委員長は、島常先生に犯されてしまうのか!?助けは…?

大島に捕まった駒井。もう知っている大島のおじさんじゃないことに気が付いた。
島常先生は下半身丸出しで委員長どん引き(´Д⊂ヽ実際にやられると恐怖でしかない。島常先生になだめられたり、脅されたり、早くヤレって言われる委員長。幼馴染の命もかかってて、ヤルしかないの?委員長、めっちゃ舐められてます((((;゚Д゚))))舐められ方がやべぇ。委員長の顔半分が島常先生の口の中に入ってるから、二次感染が心配だ。
駒井が委員長を助け出す姿がカッコイイ!
食糧が荒らされていることに気が付いた人たちに、委員長と駒井が今まであったことを言うんだけど、誰も信じてくれない。
そりゃあ、島常先生をかばう生徒たちも感染してるんだから、そうなるか。
空手部長・桂がどう判断するのか?

14話「自警団発足」あらすじネタバレ感想

あらすじ

空手部長・桂は、大人を支配するために自警団を結成。いじめられっ子の松野にも声をかけた動機とは…?

鴻島父は、島常先生と話しているが、島常先生が感染者だと気が付いてないw
桂に後を任せて去っていく島常先生…正常な判断できるの?
保健室で手当てを受けた委員長と駒井のけがは、子ども同士の喧嘩じゃできないと気づかれた。桂は、二人を信じて、部屋から出て行く。その時の一言にグッときた。( *´艸`)千尋も助けてくれないかな。
桂の一声で運動部幹部陣が集まり、島常先生の異変も話している。もう大人たちは信用できないと、自警団を結成。大人たちを支配するんだ~~!(笑)
いじめられっ子の松野は、女子生徒からも酷い扱いをうける。女子生徒の態度が胸糞で典型的ないじめっ子キャラ。
松野の家はゴミ屋敷で家族とのつながりが薄そう。いろいろと希望が見えないときに、桂に声をかけれて嬉しそうに猟銃を持ちだす。あの桂が松野を利用したとか思いたくない(´;ω;`)怪しく笑う松野!いじめられっ子を返上か?

15話「害獣と共生」あらすじネタバレ感想

あらすじ

千尋は、鴻島父から学校の内部調査を交換条件で解放される。校内の状況とは…?

土牢の中で疲れ切った表情の千尋親子。ボロボロになって、どんな生活だったのかよくわかる。そこへ鴻島父からの交換条件で千尋が潜入捜査へ!鴻島父も桂の自警団にお手上げか?(´・ω・`)
寛太の家で暮らす流れになった。二人の会話が互いに心を許した感じで、すごく萌える。ここにきてキュンキュンが見れるとは…♪
学校では、バリケードをして大人は入れないようになっていて、昔の映画を思い出した。桂が先頭を切って、自警団に島の食糧も管理させているとか。大人は何しているのか?
千尋と寛太、委員長と駒井が合流して物語がグッと動きそうな予感。
幹部に昇格した松野が、自分をいじめた女子生徒に仕返しをする。陰湿でえぐい。銃口を女子生徒に向けて…!?

16話「制裁という名の死」あらすじネタバレ感想

あらすじ

松野は、今までいじめてきた女生徒に猟銃を向けて制裁。

いじめられてきた松野は、女子生徒に猟銃を使って陰湿な仕返しをする。恐怖のあまり失禁しちゃった女子が何とも言えない。松野にしたらこれまでされたことが積もり積もっての行動だったと思う。いじめはよくない。
いじめていた女子は、松野の隙をついて逃走。松野が猟銃で女生徒を打とうとして…松野の最後が報われない。
桂が寄生虫に感染していて暴走?(゚Д゚;)完全にやばいやつに豹変!?

17話「暴走する学園」あらすじネタバレ感想

あらすじ

寄生された桂によって、前よりも厳しくなった見回り。逃げる者には制裁が…。

桂が猟銃を本気で撃っちゃったのに、取り巻きたちもドン引きの表情。硬派だった性格がヤバイヤツになってしまった(´・ω・`)桂の異常行動は止まらない。
保健室で、松野から助けた女子生徒といる千尋のところに、自警団の襲撃!保健室の先生が脱走するけど、逃げるの速いしかっこいい!!千尋たちは男子生徒に捕まっちゃうけど…。
桂を利用して性欲を晴らす生徒もいて、男子には暴力で女子には体を要求。
また、千尋は身体を求められて激怒。男子生徒には負けない千尋、強いw
駒井と寛太はこれからの策を練っているよう…その策を早く知りたい!
千尋は、桂を説得をしようとするけど、話なんて通用しないって。結局、取り押さえられる千尋…。助けは来るのか?

18話「終わりの始まり」あらすじネタバレ感想

あらすじ

寛太と駒井が合流。桂と全面戦争!?

戦いが始まって、野球部の駒井がかっこいい!捕まった他の女子たちも、駒井の指示に従い応戦する姿も、迫力のある戦闘シーンがすごい!躍動感あふれる絵で、すごく緊迫する場面が沢山あって目が離せない!
また桂に誰か撃たれる!?
駒井の野球ボール攻撃がまたこれすごいわwコント並みにカンカンカン・・・跳ね返って攻撃w
必死で戦うのに、追い詰められてしまう千尋たち。窓もふさがれても逃げられない―!?って思った時に、まさかの保健室の先生がドアをぶち破って助けに来たー!このシーンめっちゃかっこいいよ!白衣着た女教師が煙草を吸いながら…惚れそうw自警団アウトー。
大人たちと合流した千尋たちが、ついに給水塔の中を探索!うっ!気持ち悪い!食事中には見ないほうが良いですね。
寄生された人は最終的にどうなるのか気になると思っていたら、莉子ちゃんの様子が変!?

アマゾンkindleで読む→寄生列島(2) (ヤングマガジンコミックス)

「寄生列島」次回3巻の展開は?

学校を脱出し給水塔の最下層へと辿り着いた千尋たち。そこで明かされる島の権力者が隠した真実とは!? そして寄生虫の被害はステージ2へ突入! 無尽蔵に増える脅威に対し変人研究者・蜷川とのタッグで立ち向かう!!
「寄生列島」3巻あらすじネタバレ感想!19話~27話まで

「寄生列島」前回1巻の展開は?

主人公の女子高生・千堂千尋は、両親の離婚で東京から離島「花山島」にやってきた。父と二人暮らしの新生活が始まるのだが…。
「寄生列島」1巻あらすじネタバレ感想!1話~8話まで

「寄生列島(きせいれっとう)」作品紹介

まりまり

画像クリックでアマゾンkindleで読めるよ!

作品を簡単に紹介します。

作品紹介
  • 寄生列島
  • 著者:江戸川エドガワ
  • 既刊3巻(4巻は8/5発売予定)
  • 出版社 : 講談社
あらすじ

女子高生の千堂千尋は、離島「花山島」に東京から転校してきた。
独自の風俗が残るその島で、人の欲望が暴走する事件が起き始める。
殺人、放火、強姦。際限ない欲望が離島を地獄に変えていく。

さいごに

作者の江戸川エドガワ先生の戦闘シーンがかっこよくて、何回も読んでしまった(/ω\)感染者の変異がどんなになるのか気になりますね。