隣人X46話あらすじネタバレ感想

「隣人X」46話について書きます。

  • あらすじ・ネタバレ感想が読みたい
  • 次回の展開は?
  • 前の話はどう?

なんて、気になる方に向けて書いていきます。

まりまり

楠本哲先生の描くサイコパスストーカー漫画にハマり中!
個人的な感想がだだ洩れしている記事です。すみません。

楠本哲先生の人気作品で漫画ゴラクスペシャルで連載中。

いますぐ公式サイトをチェック👇

\初回購入で70%オフクーポンあり/
アマゾンkindleで読む

>アマゾンで読む

はじめてアマゾンkindleを購入される方に、期間限定で70%オフクーポンがあります。
クーポンには14日間の有効期限があるのでお早めにお使いください^^

※ネタバレがある記事です。

「隣人X」の全話のあらすじネタバレ感想も併せてお楽しみくださいね。

>>「隣人X」1話~最新話・結末まで全話あらすじネタバレ感想まとめ!グロストーカーの最終回は?

「隣人X」46話あらすじネタバレ感想

あらすじネタバレ感想を書きます。

46話「餌」あらすじ

眉村仁の模倣犯の男が車で逃走しようとしたとき、祥子の隣人の細身の男性が追いかけてきて…。こんなはずじゃなかったと後悔する模倣犯の男性。しかし、時すでに遅し…。

46話「餌」ネタバレ感想

眉村仁の模倣犯の男性は、車に向かった。
しかし、祥子の”隣人”の細身の男性からは逃れられなかった。

これまで、祥子を助けてくれたのかと思っていたのだが…そうじゃない!?

”隣人”の男性は、体を切り刻んでほしいという願いを叶えてくれると信じて眉村仁の模倣犯に近づいたようだが、それは叶わないことに気がついた。

”隣人”の男性は、模倣犯の男性の首に食らいつく!
身が引きちぎられる痛みを、気持ち良いことだと言う”隣人”。
それを叶えてくれないなら、餌になってもらうと、”隣人”が大きく口を開いた。

こんなはずじゃなかった!
そう思うのも無理はないだろうね。
まさか祥子を狙ったのに自分が見知らぬ男性に食われるなんて、想定外だったと思うよ。

数日後、祥子は犯人(眉村仁の模倣犯の男性)が自殺したと聞くことになる。
それから利根川に紹介されたシェルターを出て、元の祥子の部屋を美穂とルームシェアをすることにした。
美穂といっしょで喜ぶ祥子。
美穂のニカッ笑う顔が可愛い。霧島が恋人だから心強いんだろうね。
まさか美穂と霧島がつき合うとは意外だった(。-`ω-)

探偵の利根川は、祥子のポストに入れられた眉村仁の指輪をみている。
もうひとり誰かがいるはずだと、探偵の勘か?
祥子の隣人がポストに入れたのだろうか?

祥子の部屋を盗聴しながらスマホを見ている”隣人”の男性。
眉村仁を兄のように呟いているけど…?
眉村仁は一人っ子じゃなかったのだろうか?|д゚)

いますぐ公式サイトをチェック👇

\初回購入で70%オフクーポンあり/
アマゾンkindleで読む

>アマゾンで読む

※クーポンには14日間の有効期限があるのでお早めにお使いください^^

「隣人X」次回47話の展開は?

美穂の引っ越しも完了。美穂と祥子のルームシェアが始まった。一方、利根川は怪しい男を尾行していた。新たな登場人物の登場でストーカー再来か?

「隣人X」47話あらすじネタバレ感想!ストーカー再来!?

「隣人X」前回45話のあらすじは?

祥子の部屋の”隣人”が、眉村の模倣犯にカッターを渡す。それで、自分を切り刻めと。模倣犯のターゲットは若い女性なので、邪魔をする”隣人”に怒りをぶつけるのだが…。

「隣人X」45話あらすじネタバレ感想!祥子の部屋の隣人もヤバすぎる変態だった

「隣人X」作品紹介

まりまり

画像クリックでアマゾンkindleで読めるよ!

作品紹介
  • 隣人X
  • 著者:楠本哲 
  • 既刊:3巻
  • LINEマンガで連載中
あらすじ

紗倉祥子は、親友の美穂に誘われた婚活パーティーで、爽やかな好青年・眉村仁と出会う。
その後、会社近くで再会し、さらには同じマンションの隣室に引っ越してきたことから運命的なものを感じるが……。
『エリカ』の楠本哲が描く、身の毛もよだつ最恐サイコ・スリラー、ここに開幕!!

「隣人X」は、人気漫画家の楠本哲先生の作品です。
LINEマンガで連載中。
この漫画の口コミにもあったのですが、楠本哲先生にグロ系ストーカーを描かせたら最強!
「隣人X」では男性のストーカーの話ですが、他の作品では”レイナ (ヤングキングコミックス)”や”エリカ (ヤングキングコミックス)”といった女性のストーカー漫画もヤバすぎてハマること間違いなしですよ!

アマゾンkindleで読む→隣人X 1

さいごに

「隣人X」はまだまだ続いているので、今後も追っていきます!

>アマゾンで読む