4人兄弟育て中 個人事業主の母

離婚してもいいですか?翔子の場合~全話ネタバレ・感想~

まり
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
まり
はちきんおかあちゃんです。 毎日、育児と仕事と旦那と猫の世話頑張ってます。

野原広子さんの『離婚してもいいですか?翔子の場合』を読んだのでレビューします。

この漫画は雑誌のレタスクラブで連載されて大反響だった作品です。

内容はタイトル通り。
離婚してもいいですか?翔子の場合

幼い子供を育てている専業主婦が離婚を考えたときのことが描かれています。

この作品が注目を浴びたのも、ひとりで稼いで子どもを育てることが大変な世の中だからじゃないでしょうか。

たくさんの賛否両論あるので、口コミを読むのも楽しめます。離婚してもいいですか?翔子の場合

ただひとつ言えることは『今』離婚を考えている人が読むことによって、気持ちの整理に繋げることができます。

頭の中でひとりで悩んでいるあなたにこそ読んでほしい漫画。

客観的に、翔子(主人公)と夫、子供の心の中を見てみるのも一歩前に進むことができますよ。

『離婚をする選択』

『離婚をしない選択』

あなたにとって後悔しない選択を選んでほしいから、この作品を紹介します。

『離婚してもいいですか?翔子の場合』

作:野原広子

離婚してもいいですか?

単行本は1,180円で販売中です。

※現在、2019年9月の時点でダヴィンチニュースコミックエッセイ劇場で無料で公開しています。

一気に読みたいという方には、BookLiveコミック(公式サイト)がおすすめです。

注:この先ネタバレがあります。

離婚してもいいですか?翔子の場合 ネタバレ


登場人物の紹介

  • 主人公:翔子
  • 主人公の夫:淳一
  • 翔子と淳一の子ども:花(長女6才)優(長男4才)
  • 翔子の弟:ナオ
  • 淳一の同級生:室井さん(シングルマザー)
  • 淳一の姉:佳織

離婚してもいいですか? 1章 私は夫っが大嫌い

離婚してもいいですか?

翔子は2人の可愛い子どものママです。

専業主婦で幼い姉弟の面倒をみながら家庭を守っています。

節約をしつつ、栄養のバランスの取れたメニューを考え

夫の好物は必ず入れる。

それが翔子の家のお約束。

夫の淳一を気遣いながらも、翔子は夫が大嫌い。

誰が見ても『幸せな家族』に見えるはずなんだけど、翔子の心の中では淳一へのわだかまりがたまっていくのです。

ひとり働いて家族を養っている淳一が大変なのもわかる。

でも、翔子だって子育て家事とお金にはならない仕事を頑張っています。

認めてもらえず、辛い。

でも、それを押し殺して笑顔でいる翔子。

毎日『夫の機嫌を損なわないように』

翔子は、今日も大嫌いな夫のために料理を作る。

翔子の毎日が描かれています。

離婚してもいいですか? 2章 私なんてラクなほうなんだって思えば思うほど悲しい

離婚してもいいですか?

6年前の長女が生まれた日に遡ります。

産院で赤ちゃんを抱っこする翔子を淳一の母と義理の姉が囲んでいます。

義理の姉の言葉に少しチクッとしながらも、淳一に仕事を辞めることを伝えました。

淳一「うん、わかったいいよ

翔子がそうしたいなら」

翔子(これからは娘と夫のことだけ考えて暮らせるんだ

すっごい幸せ)

仕事を辞め育児に専念できることを喜ぶ翔子。

しかし、翔子が仕事を辞めることで収入は減り、淳一は何もしなくなりました。

淳一は子どもが生まれる前と同じようにお金を使い、子供の面倒をみることすらしてくれません。

翔子がやんわり手伝ってほしいことを伝えると、すぐ不機嫌になりひたすら無視をします。

翔子(少しずつ夫の機嫌を損なわないように

穏やかな生活をするように

私は夫に反論してはならない)

翔子は、そう思うようになっていきました。

 

ーそして二人目の妊娠、出産ー

翔子(きっと楽しくなる)

そう思っていた翔子の期待は裏切られます。

やたら出張、残業が多くなった淳一。

産後すぐから2人の幼い子供を休みなく世話をする翔子の大変さがわかりません。

翔子は自分の髪すら満足にシャンプーできてないのですが、淳一は気がついてません。

明日の準備と洗濯物を渡しながら

淳一「なんか家の中汚いなぁ

一日家にいるんだからちゃんとしなよ」

淳一の言葉が翔子を痛めつけます。

 

ー後日、義理の姉が子供を連れて翔子を訪問ー

義理の姉の子どもが使わなくなったものを翔子に持ってきました。

翔子「子どもが2人ってホント大変ですね」

義理姉何言ってんの。私なんか仕事してるんだからもっと大変よ

翔子さんなんてラクしてるじゃない

ゆっくり子育てしてる翔子さんが羨ましいわ」

そうよみんな大変。

翔子(私なんてラクなほうなんだって思えば思うほど苦しいのはナゼ?)

翔子は一生懸命やっているんです。

小さい子どもの面倒をみながら家事ができないことに自分は出来ないと負のスパイラルに陥る翔子。

淳一は容赦なく、家事が下手とか思ったことを口に出していいます。

翔子の辛さをくみ取るように長女の花は言いました。

「花 なっとうごはんでいいよ

ママ だいすきだよ」

翔子は「ママもだいすきだよ」と花の手を握りました。

離婚してもいいですか? 3章 妻の笑顔にムカつくのはオレだけだろうか?

離婚してもいいですか?

夫の淳一がメインになっています。

会社で上司に怒られたり、気を使っている淳一。

周りの同僚や先輩に慰められたたりしながら頑張っています。

そこで先輩の桃井さんは子どもを2人育てながら働いているワーママ。

子どもが大学生に家事に育児に仕事に大忙し。

淳一は桃井さんと祥子を比べてしまいます。

淳一(うちの嫁はいまごろ家でのんびりしてるんだろうな)

家に帰ってきた淳一は、花が100均で買ってもらったものを見てイラッとします。

淳一(100円だって金だぞ)

散らかった部屋、自分が小言をいっても「ごめんね」と言って笑顔の翔子。

淳一(このごろ妻を見るといじめたくなるのはなぜだろう)

淳一は翔子のことをいじめられっ子だったと思います。

何を言われても言い返さず、いつもニコニコして…

淳一(不妊治療で辛い思いをしてきて、不器用な翔子だから仕事と育児の両立は大変かな)

そう思ったから翔子が仕事を辞めたいと言った時に「うん、わかった」といった淳一。

淳一は今後のことを考えて、翔子に働いてもらいたいと思っています。

でも、まるで自分が小さい男だとおもわれそうで言えません。

淳一(言わなきゃ気がつかないところがイラつくんだよなぁ

出会った頃はいつもニコニコしてかわいい子だなぁって思ったけど、

今はただニコニコしてるだけのつまらない女だなって思う)

淳一は「仕事に行きたくないと思っても自分が働かないと」と思っています。

頭ではわかっていても、家事と育児だけをすればいい翔子に対して良くない思いがどんどん膨れ上がっている淳一。

どうしても子持ちで働く女性を見ると翔子と比べてしまいます。

そんな時に、淳一に新たな出会いが訪れました。

シングルマザーの室井さん。

子育てしながら働いて淳一からはキラキラと輝いて見えるのでした。
離婚してもいいですか?

離婚してもいいですか? 4章 私はなんでいつも笑っているんだろう

離婚してもいいですか?

翔子は外では保育園、家の中では淳一に気を使い疲れる毎日。

特に逃げられない毎日会う淳一への不満が溜まって、おかしくなりそうです。

休日はいつも一人で出かける淳一。

なにかを感じる翔子。

「どこにいっているの?」

聞きたいけど、聞けません。

ある日、淳一が翔子に聞きます。

「お前って化粧してる?」

翔子の返答に、小さくため息をついていく仕事へ出かけていく淳一。

翔子(誰かとくらべられてる…?)

翔子はこの後の淳一の行動で、淳一にくらべられている他の誰かのことが疑惑から確信に変わっていきます。

翔子は、1人で生きていかなくてはいけないかもしれないことを感じました。

翔子(もし、そうなってしまったら…

お金がない

仕事もない

自信がない

どんなに辛くても今はこのままだまっているしかない)

不安で押しつぶされそうな翔子でした。
離婚してもいいですか?

離婚してもいいですか? 5章 本当の私はいったいどんな人間なのかな

離婚してもいいですか?

 

このごろ翔子は自分が変だと感じてきました。

顔の表情、めまい、動機…?

心療内科へ行くことにしました。

そこで、翔子にとって素晴らしい出会いがありました。

医者に本当の自分の気持ちを話すことで自分の”本当の気持ち”を知ることができました。

医者は”ストレス”だと言いました。

医者「ストレスを甘く見てはいけません。

心も体もダメになる前に自分を守ってください。」

…翔子の話を聞いて、まずは自分自身で生きる力をつけることを提案してくれました。

どうして人の顔色をうかがうようになったのかも、目を逸らしていた過去。

翔子は前に進むためにひとつずつ、クリアにしていきます。

翔子(自分で力をつけるんだ!)

淳一から小言を言われるたびに、翔子の決心は固くなります!

なかなか決まらない仕事。

子どもの保育園のことも考えなければいけない。

ついに翔子は仕事を始めることになりました。

外で働くことの厳しさを再び感じながら…

翔子(負けるもんか!

負けるもんか!

いつかきっと離婚するんだ!)

翔子は目標に向かって走り始めました!
離婚してもいいですか?

離婚してもいいですか? 6章 自分の気持ちを確認して声に出してみる

離婚してもいいですか?

働き始めた翔子は職場の人と出会うことでどんどん考え方が変わってきます。

怒られて辛いときもあるけど、みんなそれぞれの事情を抱えて頑張っているんです。

ある日、モラハラ夫と離婚した先輩と話した翔子。

自分の気持ちを言葉に出して確認することも大切だと教えてもらいます。

職場の人は怒られるけど、話をするたびに翔子にとって生きるヒントをくれています。

翔子は、自分の気持ちを言ってみました。

翔子「勉強して資格を取りたい!」

翔子(できるかな?不安)

だけど、翔子は目標があるから頑張れるはず!

離婚してもいいですか? 7章 私お母さんみたいな人になりたくない

離婚してもいいですか?

資格をることを決めた翔子は、淳一にも話します。

嫌な顔をする淳一。

仕事をしてもしなくても嫌な顔をする淳一に対して不満が溜まっていきます。

職場にいる優しい男性と関わるようになって、

翔子(このひとが夫だったら離婚したいなんて思わないだろうな)

と、つい思ってしまう翔子。

他の誰かをみても

翔子(いいなぁ、幸せそう)

翔子は淳一とうまくいかないことを考えながら、必死に自転車をこいで子どもたちを迎えに行きます。

花が翔子にお守りをくれました。

キラキラ輝いているおもちゃ。

翔子は、また頑張れるのでした。

資格も無事に取れて、できることが増えてきて未来を確信する翔子。

頑張っています。

 

翔子は子どもたちを連れて実家へ遊びに来ました。

父親は怒鳴って自分の言うことを聞かせるタイプ。

母親は我慢して、ニコニコしているタイプ。

どちらも翔子にとっては嫌悪してしまうものでした。

それから、翔子は子どもの頃の夢を見ました。

小さい翔子は父親へ思っていることを伝えることができていました。

翔子は確実に変わってきています。

 

また淳一のいない休日。

弟のナオのところへ行く途中、淳一の車を見つけました。

古いアパートの駐車場でした。

淳一の行動を目の当りにすることになった翔子は大きな声で叫びます!

翔子「あんたなんかいらない!」

離婚してもいいですか? 8章 離婚して私一人で子ども育ててみせてやる

離婚してもいいですか?

子どもを連れて家を出た翔子。

ナオのところへ居候中。

翔子の親がきました。

父親は翔子を怒鳴って責めます。

でも、もう前の翔子じゃない。

父親に自分の気持ちを言えました。

わだかまりも解けました。

 

その頃、淳一はひとり部屋で考えていました。

これまでのこと、翔子が怒ったこと、これからのこと。

離婚したくない。

 

翔子が淳一に内緒で荷物を取りに来ました。

しかし、ばったり会ってしまった2人。

淳一はなぜあそこにいたのか、離婚したくないこと、自分の気持ちを話します。

しかし、翔子はもう決めたことです!

翔子(離婚して私一人で育てて見せる!

私は私のために生きる!)

離婚してもいいですか?翔子の場合

離婚してもいいですか? 9章 私の心と子どもの心を守れればそれでいい

離婚してもいいですか?

その後、淳一は家事をするようになりました。

一見、うまくいっているような淳一と翔子。

あれれ?離婚はどうなったのでしょう?

保留になっているのでした。

家を探したところ、なかなか思うように見つからず

仕事も正社員になったら夜勤があって、子どもの面倒を見てくれる人がいません。

 

そんな時、実母が昔家を出ていったことを知りました。

実母だって黙ってニコニコしていたわけじゃなかったのです。

実際に動いてわかる1人で子どもをそだてるということ…。

 

夫はいまはまだ必要なのです。

 

小さいころの翔子が「がんばったね」と大人の翔子の頭を撫でています。

 

翔子(仕事を始めて

資格を取って

あの人に怒りをぶつけて

家を出て

あの人が変わると言って

私がまたこの家に戻ることを自分で選んだ

前と同じじゃない)

 

翔子は今回のことで、淳一のどこが好きになったのかを思い出していました。

なぜ結婚したのか…考えてみることで見えてくることもありました。

 

翔子も変わって、淳一も変わった。

なにもかもが変わったように見えますが、わかったことがあります。

周りから見て幸せそうに見える翔子達、でも翔子は他の家族を見て羨ましく思います。

しかし、実はその羨ましいと思っている家族の奥さんも実は翔子を羨ましいと思っているかもしれません。

はたから見ても、中身はどうなのか…

わかりませんね。
離婚をしてもいいですか?翔子の場合

それから5年後

離婚してもいいですか?

小学生になった花の視点です。

翔子が家を出た時のこと、その後花がどのように感じていたのかが語られています。

花は友達と親のことを話しながら、翔子と淳一のいる家に帰ってくるのが一番の幸せだと思っています。

その幸せな家庭を子どもながらに守りたいと願っていました。

離婚してもいいですか?翔子の場合 感想


この漫画は非常に面白いなと思った点は、起承転結とわかりやすく分けて書かれているところ。

翔子と淳一の生活の中で、夫婦の立場がどんどん変わっていくようにも見えます。

しかし、それは本人の頭の中だけで感じることであって、ずっとかわらず対等なのです。

だから、翔子がはっきりと自分の気持ちを伝え前に進み始めたときに淳一は変わろうと努力し始めました。

諦めないで、自分の気持ちを伝えるって大切ですね。

わたしは自分に取り柄がないので、翔子の気持ちがすごくわかります!

昔の自分とそっくりなのです。

夫の顔色ばかりみて、ひとりで稼ぐことも自信がなくて泣いてばかりでした。

最後に不満が大爆発して離婚しちゃいましたけど!

今から思えば、そうなる前に自分の気持ちを伝えてみれば良かったかな。
翔子が別れを選ばなかったことを批判する意見もたくさんあります。

それとともに共感する意見もたくさんあります。

それぞれの性格や環境、状況が違うからいろんな意見があるのは当然のこと。

 

離婚としてもしなくても正解は本人たちにしかわからない。

それも、何年か経った後じゃないとわからないことです。

 

離婚と再婚を経験したおばはんが偉そうなことを言って申し訳ないですが。

離婚を考えてる人に言いたいのは、後悔しない道を選んでほしい。

この翔子のように、自分自身の気持ちと状況を考慮し、自分と子どもにとってより良い選択をしてくださいね。

そんな気持ちをこめて『離婚をしてもいいですか?翔子の場合』のネタバレ、感想を書きました!

ひとりで悩んでるママが本当の笑顔になれますように!

最後まで読んでいただきましてありがとうございます!

私は、BookLiveコミック(公式サイト)で読みました(・∀・)

無料で試し読みもできるので、ぜひ読んでみてくださいね!

合わせて読んでほしいBooklive!コミックの登録方法!

Booklive!コミックの登録、解約、1か月め無料キャンペーンを解説

こちらも漫画のネタバレです。

後ハッピーマニア【シゲタ45才~その後の人生】ネタバレ、感想

この記事を書いている人 - WRITER -
まり
はちきんおかあちゃんです。 毎日、育児と仕事と旦那と猫の世話頑張ってます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© MARI'S BLOG , 2019 All Rights Reserved.