「わたしの幸せな結婚」20話あらすじネタバレ感想!

「わたしの幸せな結婚」20話について書きます。

  • あらすじは?
  • ネタバレありの感想を読みたい
  • 次回の展開は?
  • 前回のあらすじは?

と、気になっている方に向けて書いていきます。

※ネタバレを含む記事です。

全話まとめた記事も併せてお楽しみくださいね。
>>「わたしの幸せな結婚」あらすじネタバレ感想1巻から最新巻・結末まで!

\12万冊読み放題で980円!30日無料あり!/

「わたしの幸せな結婚」20話あらすじネタバレ感想!

「わたしの幸せな結婚」20話あらすじネタバレ感想!

20話「謁見」あらすじ

大海渡征は清霞に、禁域の墓である「オクツキ」が何者かに暴かれたことを伝える。二人が向かった先とは…。

20話「謁見」ネタバレ感想

大海渡少将閣下、大海渡征・40才。多海渡家の後継ぎとして期待されている。なかなかのイケメン!

オクツキは、異能者の墓。異能者は、亡くなっても一般的な供養で成仏できないことがあるんだとか。霊になって理性を失った異能者たちが、禁域の外に出たらどんな被害になるのかわからないらしい。
宮内省の術者がだいたいは押えたけど、抑えきれなかったものもあると言っている。大海渡征と清霞は、辰石の新当主の一志に会う。
派手な身なりで、曲者と有名だった一志は、警察や軍の事情聴取にも協力的。
今回も派手な服装で登場。異能者だから服装も自由だと原色の赤とか(笑)これから、このメンツでいったいどんな話になっていくのだろう。

20話を読む→ガンガンONLINE

「わたしの幸せな結婚」次回21話の展開は?

発表されたら、更新いたします。

「わたしの幸せな結婚」前回19話の展開は?

美世は、葉月に淑女としての勉強を習うことになった。顔色の良くない美世を心配する清霞。少しずつ美世の異能が現れはじめる…。
「わたしの幸せな結婚」19話あらすじネタバレ感想!義姉との距離感に戸惑う美世

漫画「わたしの幸せな結婚」作品紹介

まりまり

画像クリックでアマゾンkindleで読めるよ!

作品紹介
  • わたしの幸せな結婚
  • 顎木あくみ(富士見L文庫/KADOKAWA刊) (著), 高坂りと (著), 月岡月穂 (著)
  • 出版社 : スクウェア・エニックス
  • コミック既刊2巻
  • ガンガンONLINEで連載中

あらすじ

異能の家系に生まれながら、その能力を受け継がなかった娘、斎森美世。能力を開花させた異母妹に使用人のように扱われて、親にも愛されず、誰にも必要とされない娘。邪魔者になった美世は冷酷無慈悲と噂される久堂家に嫁ぐことに…。和風ファンタジー×嫁入り。結婚から始まる恋愛の物語。

異能というのは、超能力・霊能力みたいなものですね。
主人公の美世には、異能がないと虐げられていたのですが、久堂家に嫁ぐことになり、大きく運命が変わっていきます。

異能について詳しい記事も併せてお楽しみください。
「わたしの幸せな結婚」美世の異能の秘密…異能ってなに?夢見の力と見鬼の才とは?

さいごに

美世の異能といい、オクツキといい…。どんどん美世に危険が迫っているような予感がしますね( ;´Д`)
美世の覚醒も近いのかしら。これからの展開を早く読みたいです!