「家族対抗殺戮合戦」48話あらすじネタバレありの感想

「家族対抗殺戮合戦」48話のあらすじとネタバレありの感想です。

結末は書いていませんが、この漫画の面白さが伝わってくれたらいいなと思って書きます。

「家族対抗殺戮合戦」の1話から最新話までのまとめ記事も併せてお楽しみくださいね。
>>「家族対抗殺戮合戦」1巻から最新巻・結末までのあらすじネタバレ感想まとめ!

※この記事はネタバレを含みます

「家族対抗殺戮合戦」48話あらすじ感想

あらすじネタバレありの感想を書きます。

48話前半あらすじ感想

あらすじ

雅彦の前に立ちふさがる波川達。真実を知った静香の手を借りて、雅彦が反撃する。

真実を知った静香は、自分を責めていた。
だけど、雅彦を助けることにした。

雅彦は、自分で描いた妻のラクガキたちを静香に現物化してもらう。
怪獣のように大きい妻のラクガキ達。
本当に雅彦を守ってくれるのだろうか。

立ちふさがる波川と野本。
雅彦が家族の復讐をするのかと思いきや、雅彦の考えは違った。

ここからの脱出。

波川と野本は、いままでと変わらずに内輪もめをしているのがウケる。
本当に自分のことしか考えてない人たちだ。

脱出する方法について、雅彦には考えがあった。
それは、あのおじさんの日記を探すこと。

静香と協力して日記を手に入れることにした雅彦だが、せいらちゃん家族やラクガキたちに行く手を阻まれる。

可愛い顔したせいらちゃんパパママ。しかし、中身は残酷極まりない。
雅彦を狙って追いかけてくる姿は、怖い。

この世界から脱出すれば、今まで命を落としてきた家族たちは元に戻るのだろうか。

異次元の空間の中で、必死に戦う雅彦だが、窮地に追い込まれてしまう。
静香も見ているしかできない?
この世界に連れてこられた本当の目的も気になる。
復讐?

追い込まれた雅彦が、妻のラクガキ達に身を投げ出すのだが…この続きが気になります。

>>最新の話はピッコマ

「家族対抗殺戮合戦」次回49話の展開は?

読んだら更新いたします。

「家族対抗殺戮合戦」前話47話のあらすじは?

雅彦の家族が捕まって氷になっていた。雅彦がいない間にいったい何があったのか?

「家族対抗殺戮合戦」47話あらすじ感想|約束が果たされなかった理由とは?

さいごに「家族対抗殺戮合戦」作品紹介

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

まりまり

画像クリックでコミックシーモアで読めるよ!

作品紹介
  • 家族対抗殺戮合戦
  • (著)菅原敬太
  • 出版社: 新潮社
  • 雑誌・レーベル: バンチコミックス
  • 既刊:7巻
  • 連載:ピッコマ
あらすじ

サラリーマン・鞠山雅彦は妻と二人の子供、認知症の母と慎ましく暮らしていたが、街から突然人が消えてしう。7つの家族と巨大な人形たちしかいない街で強制参加のレクリエーションが始まった。勝てば豪華賞品、最下位は罰ゲーム。家族会議で一人を生贄に!? 命がけの家族対抗殺戮合戦の勝者は!?

ハラハラドキドキの展開に目が離せませんね。

>>「家族対抗殺戮合戦」1巻から最新巻・結末までのあらすじネタバレ感想まとめ!