「隣人X」42話あらすじネタバレ感想!

「隣人X」42話について書きます。

  • あらすじ・ネタバレ感想が読みたい
  • 次回の展開は?
  • 前の話はどう?

なんて、気になる方に向けて書いていきます。

まりまり

楠本哲先生の描くサイコパスストーカー漫画にハマり中!
個人的な感想がだだ洩れしている記事です。すみません。

楠本哲先生の人気作品で漫画ゴラクスペシャルで連載中。

いますぐ公式サイトをチェック👇

\初回購入で70%オフクーポンあり/
アマゾンkindleで読む

>アマゾンで読む

はじめてアマゾンkindleを購入される方に、期間限定で70%オフクーポンがあります。
クーポンには14日間の有効期限があるのでお早めにお使いください^^

※ネタバレがある記事です。

「隣人X」の全話のあらすじネタバレ感想も併せてお楽しみくださいね。

>>「隣人X」1話~最新話・結末まで全話あらすじネタバレ感想まとめ!グロストーカーの最終回は?

「隣人X」42話あらすじネタバレ感想

あらすじネタバレ感想を書きます。

42話「信者」あらすじ

引っ越し業者を装って祥子を襲うストーカー。
計画通りに祥子を部屋に閉じ込めて、かつての眉村仁のように祥子を愛そうとする?
眉村仁に憧れる信者が、第二の眉村仁になるか?

41話「信者」あらすじネタバレ感想

引っ越し業者を装って祥子に近づいてきた第二のストーカー。
まんまと祥子を騙して、部屋に閉じ込めた。

押し倒される祥子の描写がリアルで怖い><

このストーカーは、自分語りがすごい。
よほど承認欲求が強いとみた。
自分のことを”眉村信者”なんて名乗っちゃうイタイやつ。
眉村の意志を受け継ぐなんて言ってみたり、超えるとか言って興奮してるけど、祥子にしたらいい迷惑だっつーの(;´・ω・)

このストーカーって、盗聴器を仕掛けたことをわざわざ言っちゃって、そんなネタばらししていいのかしら。
後先考えないタイプみたい。
とりあえず眉村のマネをして祥子の首を締めにかかる眉村信者。

眉村の首絞めは、もっと深い”愛欲”が感じられたけど、眉村信者はただ苦しませて浸っているだけ。
そういうところが二番煎じって思った。

自分語りを続ける眉村信者に首を絞められる祥子。
祥子の顔には血管が浮き出てきた。
さすがに命が危ないというタイミングで祥子のドアを叩く音が聞こえた。

普通にトントンと叩く音じゃなくて、まるで危険を察知しているかのようなドンドンと激しい叩き方。
祥子を黙らせようとする眉村信者だったけど、祥子は大きな声を出して助けを求めた。

めっちゃ驚く眉村信者w

祥子は眉村と対等に戦ってきた女だよ。
こんなたかだか”信者”なんかに負けるわけないわ。

さて、このドアを叩く人は一体だれなんだろう?

いますぐ公式サイトをチェック👇

\初回購入で70%オフクーポンあり/
アマゾンkindleで読む

>アマゾンで読む

※クーポンには14日間の有効期限があるのでお早めにお使いください^^

「隣人X」次回43話の展開は?

自宅で自称・眉村信者に襲われる祥子。ナイスなタイミングでドンドンとドアを叩いてきた人がいた。祥子は眉村信者からの脅迫に負けずに大声を出して助けを求めるのだが・・・。

「隣人X」前回41話のあらすじは?

夜道を追いかけられる祥子。
助けを求めて走っていった先に、あの不気味な隣人がいた。
祥子を追いかけていたのはだれだ?

「隣人X」41話あらすじネタバレ感想!第二のストーカー登場か?

「隣人X」作品紹介

まりまり

画像クリックでアマゾンkindleで読めるよ!

作品紹介
  • 隣人X
  • 著者:楠本哲 
  • 既刊:3巻
  • LINEマンガで連載中
あらすじ

紗倉祥子は、親友の美穂に誘われた婚活パーティーで、爽やかな好青年・眉村仁と出会う。
その後、会社近くで再会し、さらには同じマンションの隣室に引っ越してきたことから運命的なものを感じるが……。
『エリカ』の楠本哲が描く、身の毛もよだつ最恐サイコ・スリラー、ここに開幕!!

「隣人X」は、人気漫画家の楠本哲先生の作品です。
LINEマンガで連載中。
この漫画の口コミにもあったのですが、楠本哲先生にグロ系ストーカーを描かせたら最強!
「隣人X」では男性のストーカーの話ですが、他の作品では”レイナ (ヤングキングコミックス)”や”エリカ (ヤングキングコミックス)”といった女性のストーカー漫画もヤバすぎてハマること間違いなしですよ!

アマゾンkindleで読む→隣人X 1

さいごに

眉村仁の信者だという男性の自分語りがヤバいですね。
うっかり眉村と出会ってしまったがために、こんな運命になるとは・・・。
今後の展開が気になりますね。
「隣人X」はまだまだ続いているので、今後も追っていきます!

>アマゾンで読む