家族対抗合戦37話あらすじネタバレ感想

「家族対抗殺戮合戦」37話(1/6後半追記)について書きます。

  • あらすじ
  • ネタバレありの感想
  • 次回の展開は?
  • 前回のあらすじって?

と、気になる方に向けてまとめます。

ピッコマで連載中。
このマンガの作者は菅原敬太先生です。

まりまり

菅原先生の漫画好き。私の個人的な感想がダダ洩れの記事になっています

「家族対抗殺戮合戦」の1話から最新話までのまとめ記事も併せてお楽しみくださいね。
>>「家族対抗殺戮合戦」1巻から最新巻・結末までのあらすじネタバレ感想まとめ!

※この記事はネタバレを含みます

「家族対抗殺戮合戦」37話あらすじネタバレ感想

あらすじネタバレ感想を書きます。

37話「はじまりの日」あらすじ

犠牲になったはずの野本が、太一のお腹をナイフで刺した。ついに本性をあらわした野本を加勢し、友幸も参戦する。そのとき静香は…。

37話「はじまりの日」ネタバレ感想

野本がサイコパスっぽいのは、読んでいてわかっていた。
雅彦を逆恨みで憎んでいるのは、ちょこちょこ表情とかセリフにでてたから。

野本は雅彦を狙っていた。

でも、太一が雅彦を庇ったのは意外。
太一にも守るべき家族がいるのに、雅彦に託そうとするなんて…友情か。

野本のサイコパスっぷりと友幸のくずっぷりが炸裂する。
友幸はいつも野本に乗っかって格好悪いやつ(´-ω-`)
太一の命を盾になにをするのかと思いきや、自分に謝れとか…。

雅彦が静香に太一を診てほしいとお願いするがそっけない態度。
雅彦に敵対していた静香を見ていると、その態度も仕方ないかな。
自分は最愛のひとを亡くしているわけだし。
生きる希望も…ねぇ。

太一が雅彦を庇った理由を話して、家族に謝る。
雅彦を絶対に死なせないと決意した太一の気持ち。
こんな異常な状況の中、友情は尊かった。

友幸は、まだくだらない要求をしているんだけど、誰にも相手にされてなくて笑う。

静香も友幸にあきれ顔(笑)。
静香は雅彦に、太一を診る代わりに交換条件を出した。

それは、この箱の世界の外側を見ること…。
外に出ようとした家族は全滅したけど、雅彦は外側を見ることができるのだろうか…?

1/6追記

雅彦は、たくさんの木を使って壁を登っていく。

てっぺんは、かなり高いところにあるので、慎重に足を運んでいく雅彦。
緊張感がはんぱない。

雅彦が、いったん後ろを振り返ると街全体が見渡せる。

やっとの思いで一番上まで登り、壁の外を見るのだが…。
雅彦は足を滑らせて危ない状況になり、助かるためにいきおいよく壁に手を伸ばすんだけど、壁の外に落下する。

こんなに高いところから落ちたら、雅彦はヤバイだろうなと思ったんだけど大丈夫だった。
雅彦が横に倒れていたところは、謎のおじさんが住んでいた小屋の中。雅彦のすぐ近くにテーブルと椅子がある。
そのテーブルの上には雅彦が住んでいる街の模型が置かれていた。
やっぱりあの街は、おじさんが作った模型で、小さくなっていたのかな?

雅彦が小屋の外を見ると、そこには子どもの自分とあのおじさんがいた。
どうやら過去のレクリエーションが始まった日に戻ってきたらしい。

これから、何が始まるのだろう?

雅彦に、何を求めているのかな?

次回が気になります。

「家族対抗殺戮合戦」次回38話の展開は?

発表されたら更新します。

「家族対抗殺戮合戦」前話36話のあらすじは?

雅彦は、友幸、静香にこの世界が箱庭なんじゃないかという仮説を話す。もし、その説が正しければ、この世界に呼ばれた家族たちの共通点とは…?

「家族対抗殺戮合戦」36話あらすじネタバレ感想!人形が求める答えを出せるのか?

「家族対抗殺戮合戦」の最新話は?

「家族対抗殺戮合戦」の最新話はピッコマで独占配信されています。

2018年8月から月刊コミックバンチで連載されていました。
ちなみに、月刊コミックバンチはアマゾンのKindle Unlimited対象作品なので、お得に読めますよ。

さいごに

登場人物の性格がここまできて全然ブレてないと思いました。
やっぱりすごい見ごたえあるなぁ( *´艸`)

次回が楽しみですね。

>>「家族対抗殺戮合戦」作者の菅原敬太のおすすめマンガランキング!