僕の妻は発達障害

「僕の妻は発達障害」10話のあらすじ、ネタバレありの感想を書きます。

今回は1人になりたいという旦那のために、一生懸命一人の時間を過ごします。
自分の発達障害の症状を自覚しているからこそ、楽しみながら過ごせるのですね。

ぜひ、お楽しみください。

1話から最新話までの記事も併せてお楽しみくださいね。

>>「僕の妻は発達障害」1話から最新話・結末まであらすじネタバレ感想まとめ!

\12万冊読み放題で980円!30日無料あり!/

「僕の妻は発達障害」10話「飲み会に参加する話」あらすじネタバレ感想

「僕の妻は発達障害」10話「多弁対策をする話」あらすじネタバレ感想です。

10話【多弁対策をする話】あらすじ

話しすぎる知花。
悟は、少し一人になって漫画を描きたいという。
そこで「北山家 邪魔しないアラート」を発動させた。

10話【多弁対策をする話】ネタバレ感想

前回の飲み会から一晩明けた。
知花は、よく喋る。
話もあちこち飛んでしまうけど、悟は知花からの視点は面白いと感じる。
しかし、ずっと話しているので悟も疲れてしまって、2人は”のたれ寝”。
悟は漫画を描きたいから一人になりたいという。
知花は「北山家 邪魔しないアラート」を発動させた。
これは知花が悟と接触しないための対策。
忘れっぽい知花だったが、悟の部屋には「アラート発動中」と張り紙があるので思い出させてくれる。
悟と話したい知花は必死に耐える。
かなり我慢しすぎて憔悴するが、悟が漫画を描いている音は心地よいらしい。
発動中に知花は、主治医に会いに行った。
昨日の飲み会であったことを話す。
主治医は楽しく話す知花を見て、幸せそうでよかったとほほ笑む。
知花は、どうしても悟の邪魔をしてしまうことや自分に自信がないことを話す。
主治医からなにかを始めたら?と言われても、これまでのことを思い出して、なにもないという。
なにをしても迷惑になることを心配する知花。
そんな知花に主治医は「迷惑かけるのはお互い様。個性的でいい。あなたらしくいてもいい」という。
それは素直に納得できなかった。
悟からアラート解除の連絡を受けて、急いで悟の元へ帰る知花。
その顔は、とても幸せそう。
信頼し合っているからこそ、2人の距離感はうまくいくようです。
悟も笑顔で知花を迎えます。

「僕の妻は発達障害」の次回11話の展開は?

結婚当初の話①。
数年前の結婚当初は、共働きで家事は知花がやっていた。
しかし、少しずつ知花の行動に気になるところが出てきていた。

>>「僕の妻は発達障害」11話あらすじネタバレ感想!結婚生活のすれ違いの原因は?

「僕の妻は発達障害」の前回9話は?

知花は悟が働いている漫画家の先生やスタッフたちと飲み会をすることになった。
緊張した知花は、空気が読めずに周りが引く態度をとってしまう。

>>「僕の妻は発達障害」9話あらすじネタバレ感想!発達障害も個性のうちの一つ!

「僕の妻は発達障害」の最新話を読む方法は?

まりまり

画像クリックでアマゾンkindleで読めるよ!

「僕の妻は発達障害」は「月刊コミックバンチ」で連載しています。
最新話を読むには、最新の「月刊コミックバンチ」で読めますよ。
毎月、21日に発売しています。

コミックバンチはkindle unlimited対象作品なので、アマゾンの読み放題で読めます。
kindle unlimitedに登録されているかたは、ぜひぜひ読んでみてください。

まりまり

約1年ほど前まで遡って読めますので、公式サイトにてご確認くださいね。

「僕の妻は発達障害」コミックは?

まりまり

画像クリックでアマゾンkindleで読めるよ!

作品紹介
  • 僕の妻は発達障害
  • 著者:ナナトエリ・亀山聡
    監修:四宮 滋子(しのみやクリニック)
  • 既刊1巻
  • 連載:月刊コミックバンチ
    あらすじ

    北山悟(30)は漫画家のアシスタント。
    妻の知花(32)は発達障害。
    ふたりの生活はいろんな問題があるけど、毎日を過ごしている。

    2020年10月に待望の1巻が発売されました。
    2巻は2021年1月9日に発売予定です。

    さいごに

    互いに想いあう2人が微笑ましいですね。
    アラート解除をした後の知花の笑顔が本当に可愛い。
    2人が積み重ねてきた時間で、ちゃんと信頼関係ができているのもすごくいい!
    これから知花がどんな新しいことにチャレンジするのか楽しみですね。

    今後の展開が楽しみですね。

    \12万冊読み放題で980円!30日無料あり!/