4人兄弟育て中 個人事業主の母

【開業届の書き方】個人事業主の開業から廃業、屋号を決めるときの注意点

WRITER
 
個人事業主の開業届から廃業の手続き
この記事を書いている人 - WRITER -
ここ何年かの間にネットが広まったおかげもあり、個人でいろんな仕事の仕方ができるようになりました。
そんな個人の働き方のひとつである個人事業主について説明します。

実際に、個人で屋号をつけて開業した経験をもとに、気を付けるところと注意点を追記しました。

個人事業主とは税務署に届け出ている個人の事

個人事業主は、株式会社など法人を設立せずに、税務署に屋号を届け出している、自分で事業を行っている個人のことです。

自営業とも言われますが、自営業の方が個人事業主より意味合いが広いです。

自分の力で事業をしていたら、会社を設立していても個人であっても、そのひとを自営業者といいます。

個人事業主の屋号とは個人で事業を始めるときの名前

屋号は、個人で仕事をするときに自分の名前以外でつけている名前のことです。

 mari
個人事業主って絶対に屋号が必要なん?

いいえ、必要ないです。

自分の名前でも良いのです。

お店を開いているときは、お店の名前が屋号になります。

○○コンサルタント事務所などのように事務所をしている方はそれが屋号になるのです。

屋号をつけるときは名前と合わせて20文字以内が良い理由

屋号をつけるときの注意点ですが、「屋号+個人の名前」の文字数が20文字以内の方が良いです。

なぜなら屋号付きの口座を作るときに通帳などに記帳される文字数が20文字で、それ以上の文字は省略されてしまうから。

消えてもいいから20文字以上でいいという人はそのままでさしつかえありません。

個人事業主の働き方はさまざま

個人事業主の働き方は人によって様々です。

  • 自分ひとりで働く
  • 家族で働く
  • 従業員を雇って働く

自分一人でもいいし、家族を従業員としてでもいい。

または別に従業員を雇ってもいい。

働き方は様々ですね。

誰かを雇ってする場合には、合わせてその書類も必要になります。

個人だけなら開業届だけでいいです。

個人事業主の開業届

個人事業主として事業を始めてから1か月以内に提出です。

開業届は自分が仕事をしている証明になりますので、大切に保管してください。

もし、小さい子供さんのいる主婦の方であるなら、保育園に仕事をしている証明になりますので、保育園(市役所など)にはコピーを提出することになります。

個人事業主の開業届の書き方

開業届の書き方です。

赤字で書いているところ以外は、空欄で大丈夫です。

もし、わからなければ税務署の方も教えてくれます。

開業届の屋号や業種部分などは確定申告のときに記入するようになります。

個人事業主の開業届は後に残るものだから綺麗に作成

開業届は後に残るもの。

自分が開業しているという証明するものなので、専門職であれば事業所か健康保険組合に提出する場合もあります。

なので、綺麗に作成しておいたほうがいいですね。

そこでお勧めしたいのが会計ソフトのフリーです。

個人事業主の開業届は2部準備すること

開業届を提出する際には、2部用意してください。

  • 税務署へ提出用
  • 自分の控え

原本をもう一枚コピーして提出してくださいね。

一枚は提出用でもう一枚は控えになりますので、受付印を押してもらって返してもらいましょう

【開業届の手数料について】

手数料は必要ありません。

【開業届の提出方法】

持参でも郵送でも受け付けてくれます。

郵送の際には自分への返信用の封筒も切手をつけて同封してください。

【開業届の受付時間】

持参は平日の8時30分から17時まで。

【開業届の受付場所】

最寄りの税務署になります。

国税庁ホームページ←ここから開業届のところまでスクロールしてダウンロードできます。

個人事業主をやめたくなったら廃業届を提出

個人事業主を辞めるときには、廃業届を出しましょう。

廃業届も、始めるときに書いた開業届と同じ書類です。

個人事業主は確定申告をする

個人事業主は確定申告をします。

確定申告は「青色申告」「白色申告」になります。

「青色申告」をしたいときには、開業届といっしょに「青色申告承認申請書」を提出してください。

青色申告承認申請書はあとから提出しても大丈夫です。

個人事業主の青色申告と白色申告の違い

白色申告は控除がありません。

青色申告は、帳簿が必要になります。

帳簿の記帳方法で控除の金額が変わります。

複式簿記の場合は65万円の控除になります。

簡易簿記の場合は10万円の控除が受けられます。

会計ソフトか税理士さんに頼むといいですね。

個人事業主の青色申告承認申請書の書き方

青色申告承認申請書は、開業届と一緒に提出してもいいし、後から提出してもいいです。

青色申告承認申請書も2部(税務署へ提出用1部と自分の控え用に1部)必要ですので、お忘れなく!

また、青色申告の承認が受けられるのはその年の3月15日までなので、添付する日に気をつけてくださいね。

3月15日を超えてしまった場合は、青色申告の承認は来年からです。

国税庁のホームページよりダウンロードできます。

もし、仕事を夫や妻が一緒に働くときには、お給料として経費にできるので「青色事業専従者給与に関する届出書」を一緒に届け出るといいですよ。

【青色申告承認申請書の受付場所】

あなたが納税する管轄の税務署です。

【青色申告承認申請書の受付方法】

  • 2部用意(1部は提出用、もう1部は自分の控え用)
  • 持参もしくは郵送でも可能
  • 郵送の際には、控えを返信してもらうために「自分あての返信用封筒」に切手を貼って同封すること

【青色申告承認申請書の持参の提出時間】

平日の8:30~17:00までです。

土日祝日は、税務署はお休みです。

個人事業主の白色申告を提出する際の注意点

白色申告を提出する際には、必ず受付印の控えをもらうこと。

個人事業主としての仕事で、融資を希望するときや住宅ローンを組む時などで所得証明が必要な時に、税務署の受付印が必要になります。

後からもらいに行っても、受付印を押してくれません。

 mari
これ、ほんま!めっちゃ後悔した… あの時、面倒くさがらずにもらっておけばよかった…

申告の時にいっしょに控えに受付印をもらいましょう。

個人事業主の青色事業専従者給与に関する届出書

青色申告の場合、生計をともにしている配偶者(夫もしくは妻)に仕事を手伝ってもらうことで、給料を支払えます。

支払った給料は経費にできます。

節税対策にはもってこいですね!

そのためには「青色事業専従者給与に関する届出書」を管轄の税務署で3月15日までに提出してください。

会社員の方や扶養になっている方は、国保やその業種の健康保険組合に申請してください。

もし、産後間もない人や前年度の所得が低いひとは、国民年金が免除か半額になるかもしれないので、その手続きもしておくといいですよ。

個人事業主の開業から廃業までのまとめ

個人事業主は、個人で開業届を提出している人のことです。

個人で働くことも従業員を雇うこともできます。

事業を始めるときに必要な書類は開業届、辞めるときには廃業届を提出してください。

所得に関しては、必ず3月15日までに確定申告が必要になります。

白色申告か青色申告が選べます。

青色にするときには青色申告承認申請書、配偶者に給料を支払う場合は青色専従者給与の書類提出を一緒にしてください。

さらに青色申告でも記帳の仕方で、10万円の控除か65万円の控除を受けることができます。

さらに、健康保険や国民年金の手続きも、あなたの状況に合わせて必要な手続きをしてください。

会社員から個人事業主になった際には、健康保険など手続きが必要なことがあります。

会社員と比べて個人事業主って、社会的信用度がグッと低くなります。

ローンなどを組みたいときは、たいてい自営業し始めてから、3期めからじゃないと審査すらしてくれないので注意です!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© MARI'S BLOG , 2018 All Rights Reserved.