4人兄弟育て中 個人事業主の母

確定申告を電子申告すると「受信通知」が受付した証明になる

WRITER
 
確定申告を電子申告した時の証明
この記事を書いている人 - WRITER -

書面で「確定申告を受付した証明」は「収受印」が証明になっていました。

確定申告を電子申告した場合は「受信通知」が受付をした証明になります。

確定申告をした証明は受付通知

この記事はe-Taxのホームページや税務署へ電話で問い合わせて調べました。

電子申告は楽になったように見えますけど、マイナンバーカードの事前準備が必要ですね。

 

確定申告を電子申告「受信通知」いつ来る?

電子申告の受信通知はいつくる

  1. 送信する申告・申請等データを選択
  2. e-Taxにログインした後、申告・申請等データを送信
  3. メッセージボックスに即時通知がくる
  4. 「受信通知」は即時通知から、しばらくして審査が通ってからメッセージボックスにくる
書面で提出した場合のように書面での控えがなく、データ送信後に審査を通過したらe-Taxのメッセージボックスへ送られてきます。

即時通知にエラー表示されている場合は受付されてませんので必ずチェックしましょう。

即時通知

データ送信が完了した直後にメッセージボックスに届きます。

  • 正常に受信されたかどうかの判定
  • 受付番号
  • 受付日時
  • 受付ファイル名及び送信者の利用者識別番号

即時通知は再表示されないので必要に応じてスクショするか印刷するかして、後から分かるようにしておくことをおすすめします。

即時通知は、まだ受付されていないので内容をよく確認してくださいね。

即時通知にエラー

エラーの原因を解明し、以下2点のどちらかを実行する

  • 再送信するか
  • 書面により提出

即時通知にエラー情報が表示されている場合は、送信された申告等データは、受け付けられていません。

メッセージボックスとは

メッセージボックスとは、e-Tax内にあるメッセージを受け取るボックスのこと。

送られてくる内容

  • 受信通知
  • 申告に当たっての注意事項
  • 予定納税額・中間申告分の税額等を表示したメッセージ
  • 電子納税証明書のデータ など

必要利用者ごとに用意され、受信通知等の情報を管理しています。

内容を確認するには、e-Taxにマイナンバーカードか他の電子証明書が必要です。

メッセージボックスの保存期間

  • メッセージボックスに格納した日から120日を経過後
    →「メッセージボックス(過去分)」画面に移されます
  • メッセージボックスに格納した日から1,900日間(約5年間)を経過後
    →既読・未読に関わらず削除される

メッセージボックスに送られた情報は、「納税証明書発行受付結果等の一部」の情報を除いて上記のように削除されます。

必要に応じて受信通知等の情報の保存を行ってください。

メッセージボックスの閲覧に関する注意

セキュリティ対策ためマイナンバーカード等の電子証明書が、原則として必要となりました。

詳細については、「メッセージボックスのセキュリティ強化について」をご参照ください。

結局これだからマイナンバーカードがいるってことです。

まり

確定申告を電子申告「受信通知」内容

確定申告の受信通知の内容

  • 申告者氏名または名称
  • 提出先税務署
  • 受付日時
  • 受付番号および申告した税目

確定申告を電子申告「受信通知」メールボックスでの保存期間

確定申告の電子申告の保存期間

メッセージボックスでの保存期間のことです。

  • メッセージボックスに格納した日から120日を経過後
    →「メッセージボック格納した日から1,900日間(約5年間)を経過後
  • →既読・未読に関わらず削除される

次の情報はそれぞれ以下の保存期間となりますのでご注意ください。

【納付情報登録依頼及び徴収高計算書で未納の場合】
メッセージボックスに格納された日から120日間保存を経過すると既読・未読に関わらず削除
【納税証明書発行受付結果及び納税証明書発行確認】
メッセージボックスに格納された日から90日間保存(手数料が未納の場合は30日間)

確定申告の控えの保存期間は、青色申告では7年で白色申告では5年。

メッセージボックスの受信通知はダウンロードして自分で保存しましょう。

確定申告を電子申告でお得に!

確定申告の電子申告をすすめる

電子申請(e-TAX)のメリット

  • 自宅からネットで申告できる
  • 24時間好きな時間に申告できる
  • 還付が早い(2~3週間)
  • 添付書類が省略できる
  • 青色申告の場合、実質10万円の特別控除がある

青色申告の人は「電子申告」をする事で、2020年分(令和2年3月提出締切分)の確定申告からお得。

実質10万円の特別控除が受けられます。

今まで特別控除65万円が、2020年分から55万円に減額されます。

電子申告(e-Tax)で青色申告の手続きを行えば「特別控除額」は変わらず65万円のまま。

そうでない場合は55万円に減額。

合わせて基礎控除の金額が38万円から48万円に増額されるので差し引き10万円分の控除額増になります。

確定申告を電子申告すると「受信通知」が受付した証明になるまとめ!

確定申告を電子申告するときのまとめ

確定申告を電子申告すると「受信通知」が受付した証明になります。

この受付した証明は、融資の時やその他証明が必要な時があるので自分で保存をしておきましょう。

電子申告をするときに送信データを送った際の「即時通知」と間違わないように気をつけてくださいね。

確定申告はフリーがおすすめ

最近は便利になって、スマホでも簡単にできるようになりました。

複雑だった確定申告も手軽にできるので楽ちんですね。

確定申告は事前準備も大変だし、新しい制度にも対応した会計ソフトのfreeeがおすすめですよ。

今回の「電子申告をすると実質10万円の特別控除がある」ことは、freeeのお知らせメールで知りました。

ぜひ、会計ソフトfreeeを見てみてください。

質問に答えるだけで簡単に確定申告や開業届の作成ができるから、初心者さんにはおすすめです。

↓↓会計「freee」ここをクリック↓↓

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© MARI'S BLOG , 2019 All Rights Reserved.