金魚妻1あらすじネタバ感想

ここではマンガ『金魚妻』(1)について書きます。

  • あらすじ
  • ネタバレ感想
  • 次回『金魚妻』(2)あらすじ
  • 作品紹介

と、気になる方に向けてまとめました。

マンガ『金魚妻』の表題作の「金魚妻」のネタバレ感想です。

※ネタバレを含みます。

『金魚妻』の表題作のみのネタバレ感想まとめ記事も併せてお楽しみください。

『金魚妻』のみのあらすじネタバレ感想!表題作の1話から最新話・結末までまとめ!

\12万冊読み放題で980円!30日無料あり!/

『金魚妻』(1)あらすじネタバレ感想!

まりまり

画像クリックでアマゾンkindleで読めるよ!

金魚妻1巻【収録作品】金魚妻/出前妻/弁当妻/見舞妻

登場人物

  • 主人公:平賀さくら
  • 主人公の夫:平賀卓弥
  • 金魚屋の店長:豊田

『金魚妻』(1)あらすじ

さくらは夫に金魚を買うことを許してもらい、さっそく金魚屋でどの金魚を買うか見ている。
毎日、通っていたので店長・豊田とは顔なじみ。
豊田とさくらは、金魚を通して仲を深めていく。

『金魚妻』(1)ネタバレ感想

金魚を買いたい!と夫に言うさくらがとても可愛い。
ほんわかしていて、まるで少女のよう。
夫の態度が冷たすぎるわ。
郵便がさくら宛に届いたんだけど、中身を見たさくらの表情が意味深。

さくらは「金魚のとよだ」というお店に来た。
店長の豊田とは顔なじみになるほど、さくらはお店に通っているよう。
夫とは正反対の優しい雰囲気で、イケおじって感じ。
さくらと店長とそのお店のお客さんとの会話が、なんかいい( *´艸`)

さくらが家に帰ると、夫は金魚の水槽を見て怒り出す。
典型的なモラハラってやつ。
夫の希望でさくらを専業主婦にしておいて王様きどりが鼻につく(; ・`д・´)

水槽を豊田の店に返しに来たさくら。
さくらも豊田は、水槽の返金をするしないでひと悶着。
豊田は返金するっていうのに、さくらは使った水槽だから返金いいです!って。
なんか二人とも良い人なんだなぁ。

豊田は、さくらが夫と喧嘩をしたと聞いてひとつ提案する。
自分のお店の奥にある金魚を飼育している場所で飼えばよいと。
そこは、お客さんが入らないようにしている場所で、たくさんの金魚の池がある。
読んでいて、絵が綺麗だから、物語の中にスゥっと入っていけるかんじ。

豊田はさくらに好きな金魚を1匹あげるって。
さくらが恐縮すると、さくらみたいに可愛い子がきてくれたら嬉しいって、豊田がニコニコしながら言う。
この何気ない会話が、救われる感じよねぇ。
さくらは、夫が浮気をしていることを豊田に話す。
水槽の中の金魚の絵とさくらの話がリンクして、綺麗だけど切ないわ。

そこで、さくらは金魚のハネっ子の池を見つける。
「ハネ」は選ばれなかった金魚のこと。
浮気をしている夫のこともあり、ハネっ子の金魚を自分と重ねているのだろうか。
さくらは「ハネ」の中の1匹の金魚を選んだ。

その「ハネ」の金魚は元気が良くで網からぴょんと飛び跳ねて、地面に落ちてしまった。
慌てるさくらの顔がギャグ化して、可愛いw
豊田は、落ちた金魚を拾って水槽の中に塩を入れて手当てをする。
さくらは、金魚がスイーと気持ち良さそうに泳いでいるのを見て、ひと安心。
そこから、さくらも豊田によって癒されるという流れ。
その描写が、エロいというかめちゃくちゃ綺麗なんですよね。

さくらはそのまま豊田のところにいて、夫の連絡はムシ。
夫と浮気相手の関係も描かれているけど、うっすい関係やん。
さくらを探して「金魚のとよた」にも夫がくる。
そんなん「ここにいます」っていうわけない!
そんなことを知らないさくらは、「ハネ」の金魚が元気になっているのを見て笑う。

豊田とさくらの情事の時にしていた、岡本かの子「金魚撩乱」の話が伏線なのかな。
続きが気になります。

アマゾンkindleで読む→金魚妻 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

『金魚妻』次回(2)の展開は?

さくらの夫が金魚を買ったのだが、その金魚はエサを食べない。
弱った金魚を買わされたと、思う夫。
そこへさくらがやってきて、夫の飼い方では、金魚が死んでしまう、と手当てをする。

『金魚妻』(1)あらすじネタバレ感想!金魚から始まる大人の情事が美しすぎる!

『金魚妻』作品紹介

まりまり

画像クリックでアマゾンkindleで読めるよ!

作品紹介
  • 金魚妻
  • 黒澤R (著)
  • 出版社 : 集英社
  • 既刊8巻
  • グランドジャンプで連載
あらすじ

妻はなぜ、一線を越えたのか?
禁断の不倫愛を描くオムニバス形式のシリーズ読切。
悩める人妻たちの物語──!

原作『金魚妻』についての詳しい記事も併せてお楽しみくださいね。

『金魚妻』読み放題のサイトは?無料で読める?全巻あらすじまとめ!

さいごに

『金魚妻』は、コミックが8巻まで発売されていますね。
※2021年3月14日時点

黒澤R先生の絵が好きで、ほぼほぼ全部読みました。
「金魚妻」も1話完結ではなく、まだまだ続きがあります。
ぜひ、さくらがどうなっていくのか読んでほしいです。

このマンガに出てくる岡本かの子先生の「金魚撩乱」は、アマゾンで0円で読めました。
岡本かの子先生は、明治から昭和にかけて活躍した小説家。
「金魚撩乱」は、「中央公論」で1937(昭和12)年に掲載された小説です。

まりまり

画像クリックでアマゾンで読めるよ!

 

作品紹介
  • 金魚撩乱
  • 著者:岡本かの子
  • 発売日 : 2012/9/27
あらすじ

同年第五創作集「巴里祭」に収録。金魚屋の息子復一は真佐子に恋をするが、真佐子は他の男性と結婚してしまう。恋しいあまり復一は彼女のような美しい金魚を作ろうと半狂乱になってゆく。

アマゾンで読む→金魚撩乱

『金魚妻』でも引用されていたので、黒澤R先生も読んでいたのでしょうね。

次回、読んだらまた感想を書きます。

『金魚妻』がドラマ化決定の記事もお役に立ててくださいね。

『金魚妻』ドラマいつから?キャスト・あらすじは?原作をどこまで映像化できる?

\12万冊読み放題で980円!30日無料あり!/