4人兄弟育て中 個人事業主の母

ぎっくり腰で救急車を呼ぶか迷った時の解決策と対処法

まり
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
まり
はちきんおかあちゃんです。 毎日、育児と仕事と旦那と猫の世話頑張ってます。

「ぎっくり腰」になったとき、救急車を呼ぶか呼ばないか迷ったことはありませんか?

自分で立つことができなくて、周りに助けがいないときは救急車を呼ぶべきです。

ぎっくり腰になると、いきなり腰に激痛が走り、動けなくなります。

魔女の一撃の絵

欧米では「魔女の一撃」とも呼ばれます。

それほどに、重症になれば全然立てません!

激痛と共に下半身が思うように動かないのです。

 

しかし、ちまたではぎっくり腰で救急車を呼ぶべきではない!

他の重病の人に救急車がまわらなかったらいけないから。

という意見もあります。

 

今回はぎっくり腰で救急車を呼ぶか迷った時に役立つ2つの解決策と対処法をまとめました。

ぎっくり腰で救急車を呼ぶか迷った時の解決策

ぎっくり腰で救急車を呼ぶか迷ったら

ぎっくり腰で救急車を呼ぶかどうか判断に困ったら迷わずこの2通りのどちらかをしてください。

  1. 東京版救急受信ガイドで確認する。
  2. 医療情報ネット(厚生労働省)で問い合わせる。

1.東京版救急受信ガイドで確認する

東京版受信ガイドは、自分の症状に当てはまるものを選ぶと救急車を呼ぶべきなのかすぐわかるようになっています。

今すぐ確認する⇒ここをクリック(東京版受信ガイド腰痛)

上の「ここをクリック」を押すと下の画像が出てきます。

東京都救急車を呼ぶ基準

自分の症状の書いてある右横の「はい」を押すだけですぐにわかります。

医療情報ネット

厚生労働省の医療情報ネットに各都道府県ごとの医療情報を教えてくれる連絡先があります。

診療科目、診療日、診療時間や対応可能な疾患治療内容等の医療機関の詳細がわかります。

今すぐ見る⇒ここをクリック(厚生労働省‐医療情報ネット)

救急車の費用

救急車の搬送費用は無料

救急車は国の公共サービスで税金で賄われています。

患者の症状にかかわらず、病院への距離など関係なく無料になっています。

しかし、病院に着いてからの治療の費用はかかってくるので、救急車の費用は無料でも治療費を請求されます。

ぎっくり腰で救急車を呼び方

さぁ、救急車を呼ぼう!

いざ、そうなったときに「でも、どうやってよんだらいいの?」そんな悩みを解決します。

  1. 「119」へ電話する
  2. 救急であることを伝える⇒火事か救急か聞かれるので「救急です」と伝える
  3. 救急車に来てほしい住所を伝える⇒市町村名から伝える、わからなければ大きな建物等の目印を伝える。
  4. 具合が悪い人の症状を伝える⇒誰が、どうして、どうなったか簡潔に伝える
  5. 具合の悪い人の年齢を伝える
  6. あなたのお名前と連絡先を伝える

上記の一連の流れは一般的なものです。

他にもその時に聞かれるかもしれないので、答えれる範囲で答えてください。

慌てなくても、ゆっくり誘導してくれるので大丈夫です。

 

ぎっくり腰で救急車を呼ぶか迷った時の解決策と対処法のまとめ

ぎっくり腰になったときに救急車を呼ぶか判断に迷ったら、東京版救急受信ガイドや医療情報ネット(厚生労働省)

で確認することで解決します。

 

ぎっくり腰を治す方法は、病院や整体に行く、ストレッチやヨガなど、たくさんあります。

 

2~3日安静にする方が良いのですが、主婦になるとゆっくり寝ていられません。

 

繰り返すようになると、そろそろぎっくり腰になりそうな感覚がわかるようになってきました。

 

そんな時は、腰に負担がかからないように気をつけています。

 

特に、くしゃみの衝撃は半端ないので。

 

ぎっくり腰になって病院へ行っても湿布や痛み止めしかもらえないので、最近はぎっくり腰になっても病院へは行きません。

 

日にちが薬で治ってきました。

 

しかし、自己判断はとても危険です。

 

ぎっくり腰だと思っていたら、実は椎間板ヘルニアで即手術になったひとも身近にいます。

 

この人は、毎日朝と昼に痛み止めの座薬を入れないと立てないほど重症になっていました。

 

痛みが長引く時は自己判断せず、大きな病院で診てもらうことをおすすめします。

 

年々、歳を重ねていくほどに、節々に痛みを感じたり、治りが遅かったりします。

 

くせになった腰痛とも上手に付き合っていくしかないですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
まり
はちきんおかあちゃんです。 毎日、育児と仕事と旦那と猫の世話頑張ってます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© MARI'S BLOG , 2019 All Rights Reserved.