「がんの記事を書いてきた私が乳がんに!? 育児があるのにがんもきた」

こんにちは、まりです。

「がんの記事を書いてきた私が乳がんに!? 育児があるのにがんもきた」について書きます。

コミックエッセイ劇場でデイリーランキング1位だったので、読んでみました。

とても他人ごとではない内容で、はやく全話が読みたい!

まりまり

画像クリックでアマゾンで見れるよ!

まだコミックは発売されてなくて、2021年1月14日に発売で紙のコミックが予約受付しています。

\12万冊読み放題で980円!30日無料あり!/

「がんの記事を書いてきた私が乳がんに!? 育児があるのにがんもきた」いつ発売?あらすじは?

まりまり

画像クリックでアマゾンで見れるよ!

2021年1月14日に発売です。

作品紹介
  • がんの記事を書いてきた私が乳がんに!? 育児があるのにがんもきた
  • 著者:内野 こめこ 
  • 原作者:藍原 育子 
  • 出版社 : KADOKAWA
  • 医療監修:湘南記念病院乳腺センター 土井卓子氏
  • コラム監修:埼玉医科大学国際医療センター精神腫瘍科 大西秀樹氏
あらすじ

がんの記事を書いてきた私が乳がんに!?育児・仕事・闘病、戦いつづけた5年間の軌跡。
乳がんは退院すれば終わりではなく、患者とその家族にとっては「退院こそが始まり」だった。

原作者の藍原 育子先生は、健康系記事をメインとするライターです。
乳がんなど婦人科系の病気について多数の記事を取材・執筆してきたのですが、まさか自分が患者になるとは!?
いざ自分が患者になってみるとまったく違う世界で、その戸惑いと苦しみ、そして家族と共に元の生活を再生していく5年に渡る姿を、包み隠さず明らかに描かれています。

まりまり

とても他人ごととは思えなかったので、さっそく読みました。

アマゾンkindleで見る→がんの記事を書いてきた私が乳がんに!? 育児があるのにがんもきた

原作者:藍原 育子とは?

藍原育子さんは、30代後半、3歳の娘の子育て真っ最中に乳がんを患ったそうです。
健康系の雑誌ライターとして知識も豊富で、毎年検診を受けていたのに。
初期ながら全摘を選択し、転院を経て手術を行う。

「これでまた、普通の生活に戻れる」

と思った退院後に、術後の痛みや体調の変化、再発への不安などから、心と体のバランスを崩す。
がん患者を専門に診察する精神腫瘍科医に通院し、乳がん患者向けの整体院で体のケアを行うなどしながら5年かけて家族が再生していく。
その「闘病後期」の日々を中心に1冊のコミックエッセイにまとめられています。

著者:内野 こめこプロフィールは?

プロフィール

内野 こめこ先生は、ライブドア公式ブロガーとしてもご活躍されています。
いくつかマンガも発売されていて、人気のブロガーです。

内野こめこの著書一覧

内野こめこ先生の著書一覧です。

内野先生の息子さんが生後半年のころからほぼ毎日の記録をつづったブログ「うちのこざんまい」シリーズが人気です。
『こちらアニマル社商品企画部育児課』(イースト・プレス)は、妻の妊娠にも無関心なヒトのオスが動物だらけの会社で子育てを学んでいく話で、朝日新聞の書評にも取り上げられていました。男性全てに読んでほしい一冊です。

さいごに

「がんの記事を書いてきた私が乳がんに!? 育児があるのにがんもきた」は、コミックエッセイ劇場で連載中です。プロローグから1話まで配信していました。(2020年12月23日の情報です)

コミックエッセイ劇場を見る→コミックエッセイ劇場

また発売されたら、感想を更新していきます。

\12万冊読み放題で980円!30日無料あり!/