4人兄弟育て中 個人事業主の母

後ハッピーマニア5話ネタバレ【寿子の男を虜にする方法が気持ち良すぎてヤバい】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

フィールヤング3月号で『後ハッピーマニア』5話が掲載されています。

この記事はネタバレをします。

読みたくない人は、ここまで(´;ω;`)

前回の話はこちら→後ハッピーマニア4話ネタバレ

フィール・ヤングを無料で読み放題できるサイトを紹介する

後ハッピーマニア5話ネタバレ

ヒデキの愛人の寿子との出会い。

フクちゃんとは違った魅力ある寿子にハマったヒデキ。

寿子は若いころの魅力ではなく、年上の魅力の使い方をよく知っている人でした。

フクちゃんより、寿子を選んで出ていったヒデキ。

ヒデキとは別れず、明るく何も気にしない翔太に救われたと。

場面は変わり、詩織の過去のトラウマの話が出てきます。

忘れられないストーカーの恐怖。

それが邪魔して、気にいなる高橋を受け入れられない。

しかし、恐怖はまだ終わっていなかった。

ストーカーに襲われる詩織をタカハシが助けて、けがをした。

カヨコは、タカハシのけがの知らせを受けて病院へ駆けつけた。

そこでカヨコが見たのは、詩織がタカハシを看病する2人の姿。

結局、カヨコは詩織にタカハシを任せて、別れを告げました。

後ハッピーマニア5話の詳しいネタバレ

若さを失ってもそれ以上の魅力

フクちゃんのヒデキの愛人、50代の女性の視点から始まった。

若さと美しさを失っても愛されるテクニック。

母のように優しく包み、かいがいしく世話をする。

たまには付き合いたての恋人のように甘え、夜は言うことをきかないギャップで堕とす。

彼女の人生の中で悟ったこと…

「選ばれる女になること」もそうだけど「選ばれた後」の方が大切。

彼女の名は寿子(ひさこ)。

寿子とヒデキの出会い

寿子とヒデキの付き合いはそろそろ1年になる。

出会いはワインスクール。

ヒデキは、フクちゃんからワインスクールに通うよう言われてきました。

最初は若い子狙いだったヒデキですが、まんまと寿子の魅力にはまる。

今までモテてきたヒデキも年配になりました。

若くて独身の浮気相手は、結婚したがって大変なときもある。

若くない寿子はそれがわかっているので、オトナの「安心感」を武器にして堕とすのだ。

寿子にハマるヒデキ

寿子のかいがいしい世話と居心地の良い空間づくりにハマるヒデキ。

自宅に帰ってきても、寿子と一緒に過ごしたときのくせが出てしまいます。

靴は脱ぎっぱなしでそろえない。

スーツもかけずに脱ぎっぱなし。

フクちゃんはヒデキに小言をいいます。

「自分のことは自分でやれ」と言わんばかりの態度のフクちゃん。

ヒデキがお風呂に入っているところにフクちゃんがきて、冷水を浴びせます。

しかし、今までコレでやってきたのに、ヒデキはフクちゃんに言い返しました。

不穏な空気になる家庭。

ヒデキの女に気が付くフクちゃん

ヒデキの態度が急に変わったことで、フクちゃんは気がつきました。

女がいる。

ワンナイト的ではなく家に行ってるやつだと。

泳がせて証拠を押さえて、相手を突き止める!と決意したのでした。

フクちゃんと寿子の違い

寿子の家に行くと、寿子は家庭的。

家に入る時には「おかえり、お疲れ様」

すでにお風呂は用意されていて、お風呂に入っている間に脱いだ服を片付けてくれて、お風呂から出たら料理が準備されている。

ヒデキは比べてはいけないと分かっているのです。

  • 会社の経営をしていて忙しいフクちゃん
  • サロンオーナーとは名義だけで他の人にまかせている寿子

時間も体力も余裕も全く違う2人。

でも、快適すぎて帰れない!

ヒデキはかゆいところに手が届くほど行き届いた寿子から離れることができなくなりました。

フクちゃんがヒデキに制裁

ヒデキが自宅に帰った時、電気は付いておらず、突然のフクちゃんのパンチ。

殴る蹴る…。

フクちゃんはヒデキの愛人を、興信所で調べました。

最近、連泊するヒデキに大怒り!

ヒデキは、殴られてネクタイを引っ張られながら自分の気持ちを確かめます。

気の強いフクちゃんが好きで合わせるのが日常になっていた。

何も不満はないと思っていたけど、寿子と出会って変わってしまった。

ヒデキが下した決断

ヒデキは、フクちゃんに謝りました。

フクちゃんが「女と別れて」とヒデキに言いますが、ヒデキは「無理」と言って出ていってしまいました。

フクちゃんと翔太

ヒデキが出ていった経緯を聞くカヨコは叫ぶ!

「なぜ行かす!?」

今は楽しい話しか聞きたくないというカヨコ。

浮気は許せないから浮気をするというフクちゃんに、カヨコが「翔太がかわいそうだ」と。

フクちゃんは冷静にいいます。

かわいそうじゃない。ちゃんと愛してるし、大切にしている。

元気で明るいから救われた。

フクちゃんが機嫌が悪くてもいつも上機嫌なところが良い。

ヒデキはフクちゃんと似ていて、空気を読む。

カヨコ「お互い自分と近いタイプと結婚して、逆のタイプと浮気するってとこまで似てるわー。」

ふくちゃん「あっ、そうか。だからタカハシは自分の真逆のアンタと結婚して女タカハシと浮気を?」

なんやかんや言い合うカヨコとフクちゃんでした。

で、結局どーすんの?

女タカハシ詩織のトラウマ

薬剤師の詩織は、職場の人と話しています。

高橋から着信が。

若い男性の職員が「狙われやすいタイプですよね。俺がガツンと行きますよ」と言う。

詩織は思い出す。

この同僚のような一見学生ノリの男にトラウマになるほどストーカーされていたことを。

当時、詩織の言うことは信用されず、人気者の男の言うことを信じた。

「笑いかけたら誤解するよ」

「はっきり言わないのが悪い」とか。

そうやって詩織の方がいわれて来たので、男性には絶対自分からは話しかけないようにしていました。

もうずっと1人と決めていた詩織ですが、高橋のことを思い出します。

詩織(ああいう人でも待ち伏せするんだな)

必死ということは、それだけ強い思い…怖い。

まるで…

公園でお弁当を食べていた詩織が、ふいに顔を上げると、そこには詩織をストーカーしていた男が!

男は詩織の目の前に立ち、声をかけます。

あまりの恐怖に声も出ず動けなくなった詩織。

精神的に限界がきて嘔吐。

無理やり連れて行かれる詩織。

誰か助けて!!

詩織を助けたのは高橋

詩織を無理やり連れて行こうとする男に体当たりしてきたのは、高橋でした。

男を抑えて、詩織を逃がそうとしますが、詩織は恐怖で立ち尽くしたまま。

高橋は男ともみ合いになります。

それを見ていた周りの人たちが警察に通報してくれて助かりました。

でも、高橋はケガが酷くて、骨も折れていたので救急車で運ばれることに。

カヨコが詩織とご対面

カヨコは、タカハシがケガをしたと連絡がきて病院へ駆けつけます、

ヨリがもどるかもしれないことを期待してきたカヨコの目の前に、タカハシと詩織の姿が。

詩織は驚き、カヨコに深くお辞儀をしながら謝ります。

そして、ストーカーから助けてもらったことを告げると、カヨコは一瞬絶句。

しかし、カヨコは詩織にタカハシの看病をお願いします。

詩織は驚き戸惑い、ニヤけるタカハシ。

それを見てより決心が固まったカヨコは、タカハシに別れを告げるのでした。

カヨコ「あばよ」

そして、カヨコの一人旅がまた始まったのです。

次回へ続く

後ハッピーマニア 5話 見どころ

    寿子の愛し方似たもの同士の結婚と真逆同士の結婚詩織の過去カヨコの決断
    今回の見どころとして、寿子の愛し方には賛否両論ありそうだと思いました。

    すっごくわかるんですけどね!

    今回の話で、寿子・フクちゃん・カヨコ・詩織・翔太・ヒデキ・ストーカー男・取り巻く人たちが出てきましたね。

    全然、性格が違った人たち。

    この人たちの思い・行動がすごく奥が深い。

    納得がいく。

    つじつまが合う気がします。

    漫画にすると短く感じますが、今回の話しは男を虜にさせる方法が満載でした。

    後ハッピーマニア5話感想【寿子の男を虜にする方法が気持ち良すぎてヤバい】

    寿子とフクちゃんの真逆な愛し方。

    あのヒデキの気持ちがすごくよくわかるんですよね。

    私も仕事して家庭がある身なので、ヒデキくらいの年になると昔のようなスリルよりも温泉のように癒してくれるものに魅力を感じます。

    ましてや、1人でなんでもしてきた男があの気楽さ、居心地の良さを知ってしまえば虜になるのは仕方ない。

    寿子は、年配と言ってもお金持ちだし、おそらく昔はべっぴんでおモテになっていた人だと思います。

    少し中年太りしてますが、実際にいたらキレだと思うし。

    まーこれはしゃーないわな。

    お風呂に入ってるときに冷水シャワーは無いと思いました。

    また、詩織に関してはムゴイと思いますけど、どうしてか読んでるとイライラしちゃうんですよね。

    このはっきりしないところとか。

    やっぱり私は、カヨコのあっけらかんとした男らしさが気持ち良い!

    この記事を書いている人 - WRITER -

    - Comments -

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    Copyright© MARI'S BLOG , 2020 All Rights Reserved.