4人兄弟育て中 個人事業主の母

屋号付き口座を当日開設する方法(信用金庫の窓口編)

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

個人事業主として起業した場合、取引先から「屋号付き口座」にしてほしいと言われる場合があります。

売上を振り込んでもらうために、急いで作る時に当日作成する方法。

近くの銀行の窓口で開設が1番早いです。

今回は信用金庫で開設したので、必要書類やかかった時間など紹介します。

ちなみに郵便局は、屋号が口座に記載されなく個人名になるので、屋号の記載がほしい人は郵便局以外にしましょう。

屋号つき口座を当日信用金庫で開設する

屋号付き口座に必要なもの

屋号付き口座を開設するときに必要な書類をまとめました。

屋号つき口座は信用金庫ではどんな口座名?

屋号つき口座名は、『屋号 名前』か『名前 屋号』になります。

屋号が名前の前に来るか後に来るかの違いです。

屋号つき口座開設に必要書類とかかった時間

  • 運転免許証
  • 登録する印鑑(個人名で良い)
  • 屋号が確認できるもの(名刺か開業届けの控え)

必要書類はこの3点だけ持って信用金庫へ行くだけ。

信用金庫に必要書類を電話で問い合わせたところ、運転免許証と印鑑と言われましたが、やはり屋号が確認できるものが必要でした。

銀行窓口でタッチパネルで受付をして、案内に従っていくつかの書類に記入と押印します。

かかった時間は1時間ほどでした。

屋号つき口座開設に合わせてドットコムダイレクトに申し込む

ドットコムダイレクトは、スマホで銀行の管理ができます。

  • 振り込み
  • 振り替え
  • 預金
  • ローンの申し込み
  • 通帳
  • 住所変更 など

窓口に行かずに、すべてスマホ一つでできるサービスです。

手順は…

  1. 申し込む
  2. 数日後、ドットコムダイレクトのカードが自宅に届く
  3. スマホかパソコンで手順に従って登録したら終わり

屋号付き口座を郵便局は開設できない

屋号付き口座は郵便局はだめ

郵便局は、口座の名前は個人名しか表示されません。

住所の方に屋号が記載されるため、売上を振り込んでもらう取引先には屋号が表示されなのです。

通帳の記載に屋号をどうしても載せたい場合は、郵便局は外しましょう。

屋号付き口座を当日開設する方法(信用金庫の窓口編)まとめ

屋号付き口座の開設まとめ

屋号付き口座を当日開設する方法は、必要書類を持ってお近くの銀行窓口へどうぞ!

必要書類や銀行の窓口が開いている時間を電話で確認することがおすすめ。

今は、働き方改革で銀行の窓口もお昼休憩をとるところもチラホラでてきました。

銀行によっては、必開業して期間が短いと断られることもあります。

一番は余裕をもって、振り込み手数料が安く使い勝手の良いネット銀行を探す方がいいかも。

今回はどうしても当日すぐに屋号付き口座を開設するための方法でした。

読んでいただきありがとうございます。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© MARI'S BLOG , 2019 All Rights Reserved.